信州の伝統食「凍りもち」を食べてみよう

厳しい冬の寒さと乾燥した気候を生かして作る信州の伝統食品「凍りもち」。

tiiki01-20230125

凍りもち。左から白(味つけなし)、よもぎ入り、しそ入り

主に長野県北部の大町市と、南部の飯島町で生産されています。凍りもち作りには特有の風土が必要になるため、作れる地域が限られています。

特有の風土とは、次のようなことが挙げられます。

 1、1〜2月に夜の外気温がマイナス5度以下になること
(水を含んだもちが凍ります)
 2、降雪量が多過ぎないこと
(多過ぎると気温が高くなり、もちが凍りません)
 3、風通しが良いこと
(もちを乾燥させるために風通しの良さが必要)
 4、お米がたくさんとれること
(米どころならではのお米を大切にする知恵から生まれました)

手間ひまかかる凍りもち作り

今回は大町市の農産物直売所「かたくり」凍りもち部会にお邪魔しました。同部会は凍りもちの食文化を守るため1996年から活動しています。本年度(2023年)は20名ほどで4万個の凍りもちを生産します。

凍りもちは、1月から2、3ヵ月間ほどおもちを屋外に干して乾燥させる自然力を利用したフリーズドライ食品です。例年5月ごろに完成、販売されます。

もち米はすべて大町市産の「もちひかり」を使用。普通(味付けなし)の凍りもちに加えて、よもぎ入り、しそ入りの凍りもちを作っています。この日はよもぎもちが作られました。

手順は次のとおりです。

tiiki07-20230125-1

機械ではなく、昔ながらの杵と臼を使ってもちつきすることで柔らかくなり、凍りもちにした時にサクッサクッとした食感になります。

おもちを切り、和紙で包んでビニールひもで1連に結ぶまで、すべて手作業です。

tiiki03-20230125完成品

tiiki02-20230125凍りもちを割った断面はミルフィーユのような層状になっています

凍りもちのおいしい食べ方

koorimochi5.jpg

koorimochi7.jpg

koorimochi6.jpg

凍りもち部会パンフレットより。こちらは直売所「かたくり」などで配布しています

昔は農家が自分の家で作ったもち米で農閑期に凍りもちを作り、農繁期のおやつとして食べていたといいます。

水でもち状に戻したり、おかゆにするほか、そのままでも食べられるので、登山の携帯食や非常食にぴったりです。軽く、しかも賞味期限1年と長持ちします。

つぶやき

つぶやき

凍りもちのおかゆはトロリとして飲み込みやすいので離乳食や介護食に重宝されています。片栗粉とはちょっと違ったとろみで、癖になる喉越しです。ぜひ一度召し上がってみてください。

参考・長野県のおいしい食べ方過去記事

購入できるところ

JA大北農産物直売所ええっこの里

住所:長野県大町市常盤6367-26
TEL:0261-85-2289
営業時間:通年(年末年始は休業) 9:00~17:00
※本年(2023年)生産の凍りもちは5月販売開始予定です

地図を見る

 

直売所かたくり

住所:長野県大町市常盤須沼9602
TEL:0261-22-8839
営業時間:
9:30~16:30(3月中旬~4月中旬、11月中旬~12月下旬)
9:00~17:00(4月中旬~11月中旬)
※営業時間は急遽変更となる場合があります。詳しくは店舗までお問い合わせください。
定休日:営業期間中は無休、冬季(1月~3月中旬)は休業

地図を見る

tiiki04-20230125

予約販売

受付時期:1月上旬~2月末
予約連絡先:JA大北ときわ事業所 TEL0261-22-0209
予約受付商品:凍りもち(白・10連)、よもぎ入り(10連)、しそ入り(10連)
※予約価格対応による割引あり

 

この記事を書いた人

ゆっけ

関連記事

信州が生んだスローフードのひとつ凍りもち
お土産・特産品

信州が生んだスローフードのひとつ凍りもち

凍りもちは人と米と寒さと風と時で作ります
県産食材を支える人

凍りもちは人と米と寒さと風と時で作ります

冬の直売所で「あられ」がコロリ
直売所

冬の直売所で「あられ」がコロリ

一味違う!洗馬の「手作りあられ」と加工品
直売所

一味違う!洗馬の「手作りあられ」と加工品

新着記事