トルコギキョウ農家への応援メッセージご紹介

 noutiku012-20231220

消費者と生産者をつなぐために

戦争や異常気象は、私たちの暮らしに大きな問題をもたらしています。肥料・家畜のエサ・燃料など農業生産に欠かせない資材価格の高騰が農家を直撃し「このままでは農業を続けることが難しい」という深刻な声も聞こえてきます。

このような状況のなか、消費者と生産者をつなぐために「長野県のおいしい食べ方」で何かできないか…と考え、2023628日から1010日にわたって「生産者に応援メッセージをおくろう!」企画を実施しました。

普段、何気なく食べている食べ物が、どのように、どんな想いで作られているのかお伝えしたく、長野県の農業を支える若手生産者の生産現場を取材しました。

そして記事掲載に合わせて応援メッセージを募集したところ、全7回合わせて8,138通のメッセージをいただきました。

▼全7回 取材記事まとめ▼
「おいしい」と「安全安心」をつくる人たち。

たくさんのメッセージをお寄せいただき、本当にありがとうございました。みなさんからいただいた応援メッセージは生産者の方へ届いています。ここではメッセージの一部をご紹介するとともに、生産者からのお返事を掲載します。

※表記統一や字数制限の都合により意図や内容を変えない範囲でメッセージの一部に変更を加えてあります。

第4回「トルコギキョウ農家」の伊東さん

第4回の取材では、JA上伊那のトルコギキョウ農家・伊東 雅之(いとう・まさゆき)さんを訪ね、トルコギキョウの生産現場を見せていただきました。

父からトルコギキョウ作りを受け継いだ伊東さん。年明けから種をまき、11月いっぱいまで収穫をしつつ、品種改良にも取り組みます。

noutiku00-20240214

▼記事はこちら▼
変幻自在の彩り。上伊那のトルコギキョウ

伊東さんへの応援メッセージ

 noutiku01-20240214

お花が大好きだった母は、いつも家のあちこちにお花を飾っていました。なかでもお気に入りはトルコギキョウ。農家さんが種から丹精込めている様子を今回はじめて知り、母にも教えてあげたい気持ちでいっぱいです。試作品、どれも素晴らしくて、早く市場に出てほしいです!(東京都・50代・猫マリアさん)

 

noutiku02-20240214

お花を愛でる暮らしが大好きです。きれいな花と薫りに癒されますね。トルコギキョウは上品でやさしくて和みます。(岡山県・50代・瑠璃色さん)

 

noutiku03-20240214

お花は気持ちを豊かにしてくれますね。落ち込んでいる時も、お花を見たら笑顔になれます。そんなお花を育て、幸せを届けてくださる方々に感謝します。私は、紫やブルー系のお花が特に好きです。写真は、私の好きなお花を知っている後輩たちからプレゼントにいただいた花束です。(神奈川県・60代・ハムさん)

 

noutiku04-20240214

うちの家族はお花が好きで、記念日などには必ず父がお花を買ってきます。3歳の息子も花を見るたびに「きれいだねぇ」と言っています。トルコギキョウはとてもきれいで、しかも長持ちするとのことで素敵だなと思いました。生産者の方々が愛情こめて作られているのもよくわかりました!(埼玉県・30代・りー)

 

noutiku05-20240214

トルコギキョウの新しい品種開発ための投資が必要ということをはじめて知りました。花き農家の知られざる苦心に、応援させていただきたいと感じました。わが家の庭には、ゴーヤや金柑の花たちが咲いています。毎日、元気をもらう朝の水やりが楽しみです。(京都府・70代以上・れもんさん)

 

トルコギキョウは私の好きな花のひとつです。ピンクや白や紫、グラデーションのあるもの、どれもほんとにきれいだと思います。上伊那で栽培されていることをはじめて知りました。花店に行き、トルコギキョウがあるとうれしくなります。これからもどんな新種が出るのか楽しみにしています。(岐阜県・50代・みほさん)

 

大好きなトルコギキョウがトルコ原産ではなく、キキョウでもない(!)ことに驚きながら、最後まで一気に読み切ってしまいました。生産者の苦労や花に対する愛情が伝わってきて、この花を購入して飾りたくなりました。(静岡県・60代・ぐりちゃんさん)

 

「好きじゃないと全部苦労」という言葉に、記事から伝わること以上に大変なんだろうなと思いました。新しい品種もとてもきれいですね。どんなお花が出てくるか楽しみです。これからもお身体に気をつけてがんばってください。(千葉県・40代・sarisariさん)

 

母は花を飾るのが好きで、いろいろな花を買ってきますが、よく目にしたのがトルコギキョウです。こんなに種類があるとは知りませんでした。しかも、ひとつひとつ色がきれいで、形も豊富で、これもトルコギキョウなんだ!と、びっくりしています。しかも、原産がトルコじゃなくて、キキョウでもなかったなんて衝撃でした。(京都府・40代・お花ねこ)

 

不要な枝やつぼみを手作業で丁寧に取り除く作業をされていて、きめ細やかさと愛情が伝わってきました。紫キャベツのような品種や、イチゴミルクのような色合いのものなどさまざまあり、うっとりしました。これからも日本を代表する美しいトルコギキョウを、私たちに見せてください。楽しみにしています。(埼玉県・50代・ちぇりんさん)

 

伊東さんからのお返事

たくさんの応援メッセージありがとうございました。

母親が、花が好きで飾っていたという方が何人かいらして、花を飾る習慣が世代から世代へ引き継がれていることに感激しました。

まだまだ日本は欧米とちがい、花は嗜好(しこう)品ですが、花が心にもたらすものは確かにある、と感じることができました。

温暖化の影響で、花の栽培を取り巻く環境は難しくなってきていますが、耐暑性品種の開発、栽培環境、技術の改良などしっかり対応し、よい状態でお届けできるよう努力していきます。

今後、品種改良を重ねて、多くの花屋さんで使っていただき、そこを通るときに振り向いていただけるような花を作っていきたいと思いますし、暑いなかでも日持ちする品目ですので、ぜひ使っていただきたいと思います。

noutiku06-20230809

 

応援メッセージありがとうございました!

こちらに載せきれませんでしたが、ほかにも多くの応援メッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

ふわふわのフォルムで、品種によってはバラにもカーネーションにも似ているトルコギキョウ。さまざまな色や形があり、こんなにもバラエティに富んだお花なのだと、伊東さんのビニールハウスではじめて知りました。

トルコギキョウについて「じつは、トルコ原産でも、キキョウでもないんですよ」と伊東さんが教えてくれましたが「変幻自在」という言葉がこの花にはふさわいしいと私は思っています。

たくさんの品種があるので、きっとお気に入りのトルコギキョウに出会えるはず。日常を彩る「マイ・トルコギキョウ」を探してみませんか?

noutiku06-20240214

 

こちらは の記事です。
農畜産物や店舗・施設の状況は変わることもございますので、あらかじめご了承ください。

この記事を書いた人

おとうふ

1707886800000

関連記事

ぶどう農家への応援メッセージご紹介

ぶどう農家への応援メッセージご紹介

肉牛農家への応援メッセージご紹介

肉牛農家への応援メッセージご紹介

りんご農家への応援メッセージご紹介

りんご農家への応援メッセージご紹介

すいか農家への応援メッセージご紹介

すいか農家への応援メッセージご紹介

新着記事