殿倉さんの農事録
[殿倉さんの農事録]

ゲストハウス、グランドオープン!見どころをご紹介

Cider Barn &more(サイダーバーン・アンドモア)」114日にグランドオープンしました!

tonokura01-20231122

私たちの宿の魅力のひとつが、名前にもあるようにサイダー(シードル)が楽しめることです。サイダーというのは、じつはCiderの英語読み。シードルはフランス語、サイダーが英語です。日本ではサイダーというと清涼飲料水を思い出しますが、海外ではサイダーといえばりんごのお酒なのです。

Cider Barn &moreでは常時約10種類のシードルを用意しています。私たち「太陽農場」のりんごで作ったシードル、信州産や海外のシードル。それぞれを飲み比べてもらうことでシードルの楽しさを感じてもらいたいと、夕食の杯目として4種類のシードルの飲み比べセットを提供しています。

お酒が苦手な方にはりんごジュースの飲み比べセットをご用意。単一品種で作られたりんごジュースの飲み比べも、全然味が違うので、楽しんでいただいています。

  tonokura02-20231122

tonokura03-20231122

シードルは飲み比べ以外のものもボトルやグラスで提供していて、シードルの楽しさを通してりんごの魅力、そして、その先の農業の魅力も感じてもらえるとうれしいです。

 tonokura06-20231122

 

シードルと一緒に提供している夕食は、自分たちで作ったシメジやりんご、そして地元の食材をふんだんに使っています。今の季節は、たっぷりのブナシメジ、ネギ、ブロッコリー、そしてりんごなど、秋から冬にかけてが旬の野菜と果物。

メニューの一例ですが、シメジとネギのポタージュ、地元産の野菜を使ったサラダ、シメジのパスタ、地元産の豚肉のソテー、りんごを使ったデザートを提供しています。

tonokura07-20231122

朝食は、野菜たっぷりの和御膳。小鉢の野菜中心の料理を56種類、具だくさんのお味噌汁、そして自社で作ったハザかけ米をおかわり自由で。朝の時間を豊かに過ごしていただきたいです。

tonokura04-20231122

秋から冬へ移り変わるこの時期。目の前に広がる山々も、日に日に姿を変えています。そんな景色を楽しみながら、南信州の魅力、農業の魅力を感じてもらえる場を作っていきたいと思います。

 tonokura05-20231122

 

この記事を書いた人

殿倉由起子さん

殿倉由起子さんは大学卒業後勤務した東京のホテルスタッフから転身して、子育てをしながらも地元の飯田市でぶなしめじとりんごを栽培する農業法人の経営者。農業のかたわら、野菜ソムリエプロの資格を持ち、夢だった農家民泊&カフェ「Cider Barn &more(サイダーバーン・アンドモア)」の運営も始まりました。

記事一覧へ
1700631761000

関連記事

夏といえばキンキンに冷えたシードル!

夏といえばキンキンに冷えたシードル!

じつは栽培が難しい?!シナノリップ

じつは栽培が難しい?!シナノリップ

3年ぶりのロードレース観戦! そして息子と畑

3年ぶりのロードレース観戦! そして息子と畑

ゲストハウス開業に向けて動き始めました!

ゲストハウス開業に向けて動き始めました!

新着記事