詩乃さんの農事録
[詩乃さんの農事録]

とうもろこし終了、そして全国デビュー!

こんにちは! 今年はお盆が過ぎても暑い日が続きましたね。

開田高原はお盆が過ぎたら寒くなると言われているのですが、今年はいつまでも暑かったです。それでも赤とんぼが飛び、風が涼しくなり、徐々に秋を感じています。

そして9月に入り、やっと朝晩が涼しくなってきて、昼間の作業もやりやすい気候になってきました!

牛たちも過ごしやすそうです☺

shino01-20230913

とうもろこしは例年より早い終わり

今年も無事にとうもろこしを収穫、販売することができました!

毎年、買いにいらっしゃるお客様は「元気にしてたー?」「頑張ってる?」など気さくに話しかけてくださり、私もお客様にお会いできるのが楽しみです。

とうもろこしの収穫は8
10日から始め、31日にはすべて終えてしまいました。いつもなら9月中旬まで収穫できていたのですが、今年は気温が高く、雨が降った時に一気に成長して、収穫が早まりました。

おまけに、畑に猿が入って数本が被害に遭い、収穫量が減ってしまいました。

猿は毎年すぐ近くまで来ていたものの、うちの畑には入ってこなかったのに…。それでも猿対策として、ネットや電気柵をしていましたが、意味なしでした。猿も生きるのに必死なんだなと思いますが、苦労して作ったものを荒らされるのは悲しいです。

shino02-20230913
とうもろこしを収穫したら、ハンマーナイフ・ロータリーで刈り取り、マルチを剥がしていきます。その後は堆肥を撒き、ロータリーで起こして、来年までそのままにしておきます。

全国デビュー⁉︎

この農事録がきっかけで、JAグループ家の光協会の方が取材に来てくださいました。『地上』という雑誌の11月号に載る予定です。

私は人前に出るのが苦手だし、うちは小規模でやっているので、「全国誌に出ても大丈夫なのか?」と心配でしたが、原稿を読ませていただいたら、もう「すごい!」のひと言でした。

写真はプロの方が撮ってくださり、顔は変えることはできませんが(笑)、雰囲気がとても良かったです。

shino03-20230913ドローンでの撮影もありました

農事録に書かれていない日常のことや、就農するきっかけなどが書かれているので、機会があれば、ぜひ読んでみてください。

では、また次回!

農と食の総合誌『地上』に田中詩乃さんの記事が掲載!

【長野県のおいしい食べ方 編集部より】

田中詩乃さんが書かれた記事がカラー4ページで掲載されています。
よろしければ、こちらもぜひお楽しみください。

『地上』(家の光協会)2023年11月号(10月1日発行)
連載「農’s days 降っても、晴れても」(カラー4ページ)

女性農業者の日頃の仕事や人柄、夢を描写する連載企画。彼女たちが日々農業の最前線で奮闘する姿を伝えています。

農と食の総合誌『地上』についてはこちら
この記事を書いた人

田中詩乃さん

一般企業を退職し、祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した田中詩乃(たなか・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛17頭のうち5頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ
1694583172706

関連記事

牧草ととうもろこし、牛のお産の様子

牧草ととうもろこし、牛のお産の様子

牧草ととうもろこし、そして牛舎に欠かせぬ「おがこ」

牧草ととうもろこし、そして牛舎に欠かせぬ「おがこ」

おいしい山菜を食べて、畑作業開始!

おいしい山菜を食べて、畑作業開始!

春の野焼きと、牛のセリ

春の野焼きと、牛のセリ

新着記事