詩乃さんの農事録
[詩乃さんの農事録]

仲悪すぎの子牛たち、どうなる!?


こんにちは!

開田高原は3月に入ってから、めちゃくちゃ寒い日が続いています。2月はあんなに暖かかったのに。すでに2月より多く雪かきしています(泣)

shino01-20240313
これぞ開田高原!って感じですかね(笑)

早く春になーれっ!

JA木曽組合員総集会へ

3月に入ってすぐに、組合員総集会がありました。

shino02-20240313
地区の会なので、開田高原在住の方が集まりました。昨年は4月に開かれたので畑仕事などがはじまっており、来られない方が多数でしたが、今回はひと月早まったからなのか、前回の倍以上の方が集まっていました。

といっても高齢化&農業離れの時代なので、20~30名ほどですが

1
年間の活動の振り返りなど聞いてきました。

JA
木曽の方に日頃の支援にお礼をして「今後ともよろしくお願いします」と伝えたあとは、懇親会に参加してきました!

shino03-20240313
短時間の懇親会でしたが、楽しかったです。

仲間ができれば安心

今年に入って生まれた子牛たちが、徐々に分娩室から外の世界へ。

生まれてから2週間は分娩室で親と一緒にいますが、体調に問題がなければ、そのあとは外に出してほかの親子と一緒に生活していきます。

今までの子牛たちは外に出した日からなんとなく仲良くなり、ともに行動したり、まとまって寝てたりするのですが、今回の子牛たちは仲が悪すぎました(笑)

牛にもそれぞれ性格がありますし、合う合わないとありますが、ここまでみんな仲が悪いのを見たことがなく「どうなるの、この子たち」と思っていましたが

見てくださいー!

shino04-20240313
いつもより時間はかかりましたが、みんなでまとまって寝ているじゃないですか(泣)

もう感動!かわいい!ひと安心!です。

離乳したあとはみんなだけで生活していくので、仲良くなってもらわないと困ります。これからも仲良くいてね!

shino05-20240313
これにて今年度の投稿は最後になります。1年間読んでくださり、コメントしていただき、ありがとうございました!

記事を書くのは正直大変ですが(笑)、読んでくださっている方がいることや、いただいたコメントを読むことが私の励みになっています。

来年度も続けたいと思いますので、またよろしくお願いします!

この記事を書いた人

林詩乃さん

一般企業を退職し、19歳で祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した林詩乃(はやし・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛18頭のうち6頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ
1710298920000

関連記事

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

30分、1時間…2時間…。長ーい‼︎

30分、1時間…2時間…。長ーい‼︎

牛飼いの仕事。毎日欠かさずやること

牛飼いの仕事。毎日欠かさずやること

年末年始と冬仕事

年末年始と冬仕事

新着記事