詩乃さんの農事録
[詩乃さんの農事録]

当たり前の氷点下、牛たちは。

明けましておめでとうございます!

2022年があっという間に過ぎ、無事に新年を迎えることができました。2023年、健康第一で過ごしていきたいな〜と思います!よろしくお願いします。


新年を迎えましたが、記事は12月に戻ります…

私たちはうんざり、牛たちは喜び

今年は全然雪降らないな〜と思っていたら、12月中旬に降り出しました。

shino01-20230111

24日には、どんどん白くなっていく視界。雪かきしても意味がないくらい、朝からの大雪。

水を飲ませるため、そして堆肥出しのために牛たちは一旦、外に出します。すると牛たちは大はしゃぎ!

shino02-20230111

本当は動画でも見せたいくらいなんですけど…。積もっていることなんて、おかまいなしに走り回ります。その姿が最高に可愛いです!

牛は寒さに強い!?

牛は暑さに弱く、寒さに強いといわれていますが、さすがに氷点下10度近い日は寒いんじゃないかと心配になります。

子牛はそこまで強くないので、きちんと防寒対策をしてあげます。

shino03-20230111
ベストやネックウォーマーを着せたり、ヒーターをつけたりします。ちなみに牛は体温が高く、38.0度から39.5度です。

かっこいいけれど、危ない!?

ツノが立派な牛って、かっこいいですよね!

でも時にはそのツノが凶器になることも…。牛に襲う気がなくても、ふとした時にあたったりするだけで、アザになったりします。

牛同士で喧嘩した時も、怪我をしてしまう可能性も。なので、安全のためにも除角(じょかく)をします!(強制ではないので、やらない方もいます)

獣医さんにお願いをして、寒い時期にやります。夏にやると化膿してしまうため。

うちでは、これから親牛になる未経産の段階でやります。ここで1度除角しておけば、変なふうに伸びない限り、2度は除角しません。

shino04-20230111
麻酔をかけ、根本から除角専用のワイヤーで切ります。

shino05-20230111

切り終えたら、止血法としてガスバーナーで焼きます。

shino06-20230111

獣医さんはすごく大変そうでした。

見慣れていないので切り終えた時は、なんだかブサカワでしたが、今では見慣れて可愛く感じます!(笑)

それと、いい写真が撮れたので…

shino07-20230111

なんともいえない顔。じつは牛って、上には歯が生えてないんです。


今回はこれで失礼します。

寒すぎる季節、風邪、インフルエンザ、コロナ、雪道など、どうぞ気をつけてお過ごしください。

読んでくださっているみなさんにとって2023年が、よき1年になりますように!

また次回! 

この記事を書いた人

田中詩乃さん

一般企業を退職し、祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した田中詩乃(たなか・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛16頭のうち2頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ

関連記事

市場で牛が競り落とされるまで

市場で牛が競り落とされるまで

牛飼いの仕事。毎日欠かさずやること

牛飼いの仕事。毎日欠かさずやること

今年最後の牧草作業と和牛のオリンピック

今年最後の牧草作業と和牛のオリンピック

削蹄と飼料高騰に救世主⁉︎

削蹄と飼料高騰に救世主⁉︎

新着記事