三井さんの農事録
[三井さんの農事録]

新年から剪定に追われまくり

新年あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。


mitui01-20230111今年は雪が少なめですが、しっかりと降っています!


いやー。2023年も幕を開けて、いいスタートダッシュを切りたいと…。思っているところです(笑)。

年末年始は数年ぶりに家族総出でお正月らしいお正月をむかえることができました。


mitui04-20230111お正月は家族総出!

ってことでおやすみなさい…。zZ Z

と寝たいところでいたが!

三井はバッチリ大晦日も元旦も、りんごの接ぎ木用の穂木をせっせと採っておりました!


mitui02-20230111春の接ぎ木作業用に穂木も確保してます!

また、ぶどう棚の剪定作業が間に合わず。雪が降ってきているのに、いまだ終わっておりません(どや)!

大雪警報が出るたびにビビっておりますが、なんでか今年は切っても切っても終わらず…。


mitui03-20230111切っても切っても終わらバイ…

そりゃそーです。昨年から2倍以上、樹が伸びてますから!なんなら冷蔵シャインマスカットの出荷もまだある(どやどや)!

そんなこんなで来月号では、ほかの果実の剪定に入れていることを願って。


mitui05-20230111でも頑張って作業進めまーす!


Let's トラーーーーーーーィ!また来月! 

 

この記事を書いた人

三井透さん

県内果樹産地の一つである中野市で、プラム、りんご、桃を育てる果樹農家の3代目になる三井透さん。以前はアパレルの企画、生産を行っていましたが「食や農業で多くの人に携わりたい」と就農し、果樹栽培の傍ら野菜などにも挑戦中!「食べる人が四季や自然を感じられるものを作る」をモットーに、日々の暮らしを綴ります。

記事一覧へ

関連記事

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」
三井さんの農事録

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」

こんな世の中でも、自分にできることをひとつずつ
三井さんの農事録

こんな世の中でも、自分にできることをひとつずつ

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理
三井さんの農事録

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理

三井農園のリンゴ、とうとう海を渡る
三井さんの農事録

三井農園のリンゴ、とうとう海を渡る

新着記事