三井さんの農事録
[三井さんの農事録]

すべて(!)の枝先を切るプラムの剪定



気が付けば今年も1カ月、オワター!早!

ってことで、ドンドン作業を進める節分な2月。今月もLet’sトラーーーーーーーーーイ


さて、冬場の果樹の作業といえば、そう!剪定なんですが、品目・品種によってタイミングがあるのです。

先月はぶどう、次はプラム、りんご、最後に桃と、三井農園はこの順番で行きます。

今月はプラムの「シナノパール」から!

mitui07-20230208まずはプラムシナノパールの剪定から

シナノパールは本当にクセが強くて、まず、横枝が!

あまり出てこない(笑)。「なんでや!」ってぐらい上へ上へのびていきます。

mitui04-20230208シナノパールは直立性が強いのです

あと簡単に折れます(笑)。

mitui03-20230208無理に引っ張ると…

上に行った枝を寝かせようと引っ張りこむと、パキッと気持ちよいほどに…。

とまあ、ひとり畑でわちゃわちゃすること1週間。なんとか雪が降るまでに終わりました。

mitui05-20230208なんとか雪の前に終わりました

次はお山の中にある「大石早生」の畑へ。

mitui01-20230208次のお山の畑は…。雪がすごかった!

多いとこで腰ぐらいまで積もっていて…。「今年は雪少ないなー」って、なめてました。ごめんなさい。

ってことで、毎年お世話になっている、かんじき君、今年も出動です。

mitui02-20230208冬作業の相棒、かんじき君が大活躍!

埋まらないって最高!

「大石早生」は横芽を残しながら、すべての枝の先端を落としていきます。

mitui06-20230208プラムは横芽を残しながら、すべての枝を先切りします!

「すべての枝」です…。

次回、三井は遭難せずに作業を終えるのか?!

お楽しみに!

この記事を書いた人

三井透さん

県内果樹産地の一つである中野市で、プラム、りんご、桃を育てる果樹農家の3代目になる三井透さん。以前はアパレルの企画、製造を行っていましたが「食や農業で多くの人に携わりたい」と就農し、果樹栽培の傍ら野菜などにも挑戦中!「食べる人が四季や自然を感じられるものを作る」をモットーに、日々の暮らしを綴ります。

記事一覧へ
1675825972000

関連記事

これは花粉症なのか!? はっ!恵方巻食べ忘れた!
三井さんの農事録

これは花粉症なのか!? はっ!恵方巻食べ忘れた!

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理
三井さんの農事録

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理

ブドウにプラムにDOTOUの7月が!
伝統行事・イベント三井さんの農事録

ブドウにプラムにDOTOUの7月が!

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」
三井さんの農事録

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」

新着記事