春の野焼きと、牛のセリ

こんにちは!

ここ最近晴れては雨、雨また雨で、畑仕事ができず困っています…。が、天候は仕方ないと自分に言い聞かせ、今年はゆっくりやろうと思います。ということで今回の農事録をはじめます!

 

 

野焼きは春の風物詩

 

毎年この時期になると、私の地区では野焼きをします。野焼きをすることで景観保全や害虫駆除、火災予防につながります。乾いたススキはものすごい勢いで燃えていくので迫力があります。

 

shino01-20220511

 

shino02-20220511

 

ススキが燃えているところと、次の日の様子です。この黒くなった一面に、1カ月後にはきれいに青草が生えてくるので、生命力はすごいなと思います。みなさんの地域では野焼きをしますか?

 

 

長野県中央家畜市場で牛のセリ

 

今月は市場が開催されました。市は年6回、偶数月の第1木曜に行われます。

 

セリは10時からはじまるので、その前に市場へ行き、ひと足先に着いている牛の元へ行き、最終の手入れをします。牛は朝早くにトラックが来てくださり、積み込んで市場まで運んでもらいます。

shino03-20220511

トラックが来るのを待っている様子です

 

毎回、上場頭数は400頭前後です。今回、私の家からは去勢2頭を出荷しました。

 

結果は、1頭は今回の市場去勢の部で最高値、もう1頭は自分が予想していた値より30万も高く、どちらも高値で買っていただき、購買者さんには本当に感謝、感謝です。新しい地に行っても順調に育ってほしいと思います。

 

本当は、市の様子をもう少しくわしくお伝えしたかったのですが、写真を撮り忘れてしまったので、6月の市が終わってから書きたいと思いますので、待っていてください。今度は忘れずに写真を撮ってきます!

 

ということで、今回はこれで失礼します。

 

この記事を書いた人

田中詩乃さん

一般企業を退職し、祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した田中詩乃(たなか・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛16頭のうち2頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ

関連記事

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第54回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第54回

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第57回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第57回

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第28回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第28回

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

新着記事