三井さんの農事録
[三井さんの農事録]

ロックに攻めようぜ6月は!

え、もう6月?もういいよ…、だってプラムとか実ついてないし

んなぁーんてね!落ち込んでばっかじゃダメだよねってことで!

Let's
トラーーーーーーーーーい!!

mitui01-20230614僕は元気でぇぇぇぇす!

今年は気候があったかくなったり寒くなったりと忙しい毎日です。そんななか、子どもたちには、いろいろ発見があったようです。

mitui02-20230614畑には発見がいっぱい

今年から借り受けることになった畑での伐採作業中に、カミキリムシの幼虫を見つける遊びを発見!

リンゴの樹には天敵なので、たくさん捕まえてもらいました。ちなみにカミキリムシの幼虫も、ハチの子と同じように食べられるそうです。

暖かい日を狙って新しく植えるリンゴの苗木の準備もしていきます!

根っこの部分には「M9台」という台木。そして実がなる部分は「ふじ」をこうしてつなぎ合わせて

mitui03-20230614りんごの接ぎ木もやってくよー

つなげていきます。

今年は雪が少なかったので、潅水作業も。「ぷしゃああああー」っとミストタイプのノズルでやると、虹をかけることができるのです。

mitui04-20230614リンゴの樹に虹をかけるお仕事をしています

そう、僕は魔法使いなのです。

mitui05-20230614今年も田植えがスタート!

毎年、恒例の田植えにも年々慣れてきて、作業スピードがアップしています。あとチビ助っ人がいろいろフォローしてくれるので、来年は植えてもらおうか検討中です。

mitui06-20230614枝が繁茂繁茂♡

ブドウ畑は枝が繁茂してきたので、整理して止付けを行います。三井農園のブドウ畑は土壌の栄養素が豊富で、枝が暴れて暴れて…。止付け(新しく伸びた枝を棚に止める作業)が大変です。

mitui07-20230614枝整理をして不要な枝は切り出します!

さて、いよいよ繁忙期に突入。ブドウも桃もプラムも作業がバタバタしてきますが、頑張ります。

mitui08-20230614さあ、いよいよぶどうの房切がスタート

そんな6月はロックに攻めていきたいと思います。

来月にむけてーGoGoGo!!!!!!

この記事を書いた人

三井透さん

県内果樹産地の一つである中野市で、プラム、りんご、桃を育てる果樹農家の3代目になる三井透さん。以前はアパレルの企画、製造を行っていましたが「食や農業で多くの人に携わりたい」と就農し、果樹栽培の傍ら野菜などにも挑戦中!「食べる人が四季や自然を感じられるものを作る」をモットーに、日々の暮らしを綴ります。

記事一覧へ
1686722460000

関連記事

すべて(!)の枝先を切るプラムの剪定
三井さんの農事録

すべて(!)の枝先を切るプラムの剪定

剪定ときどきコーヒー屋
三井さんの農事録

剪定ときどきコーヒー屋

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理
三井さんの農事録

早春の畑にて、りんごの剪定とぶどうの芽傷処理

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」
三井さんの農事録

「迷ったら、桃は落とせ、りんごは残せ」

新着記事