平出さんの農事録
[平出さんの農事録]

「苗半作」セルリー栽培は最初が大事

こんにちは。セルリーの平出です!

春一番の後に大雪が降るのが、この地域の特徴です。今年は比較的、雪は少なく、暖かいですが、この雪が最後になるのを願います…。

 さて、いつも3月は2日に1日ぐらい休みなのですが、最近は暖かい日が続いているので、どこの農家さんも動き出しが早いです。

我が家も少し早いですが、マルチを敷きました。

hiraide01-20230322

機械でやる作業ですが、意外とまっすぐ機械を動かすのは難しいです。ただ引っ張るだけの作業とはいえ、納得のいく形にするのに5年もかかりました。

マルチを敷くのと同時に、液体の農薬を混ぜています。

これが落ち着くまで2週間ぐらいかかります。なので、実際に植えたい日から逆算して作業をしないと、間に合わなくなってしまいます。

さて、先月投稿したセルリーは大きくなってポットに移植しました。

hiraide06-20230322

hiraide07-20230322

その後にも10日おきに苗を植えていきます。これから先はすべての作業を大体10日スパンでこなしていくことになりますが、そう、うまくはいかないのが農業です。

hiraide02-20230322

芽が出たばかりのセルリー

hiraide03-20230322

10日後

hiraide05-20230322

さらに10日後

温度や日照時間で成長が前後することや、雨で思うように作業できない時もあります。

農業の格言で「苗半作(なえはんさく)」という言葉があります。苗の完成度でもう作業の50%が終わるということです。ダメな苗をその後どれだけ工夫しても、通常の半分ぐらいしか収穫できないということですね。

今回はここまで、また次回の農事録でお会いしましょう!

この記事を書いた人

平出悠太さん

日本最大級のセロリ産地原村。テレビ制作会社を退職した平出悠太さんは、この地で2015年に祖父のセロリ畑を継いで就農しました。母親も勤めをやめ、母子で4haのセロリを栽培しています。今では、ここでしか手に入らない種を育てるなどのチャレンジも。
趣味のサバイバルゲームは、たびたび千葉まで遠征するなど筋金入りです。

記事一覧へ
1679461320000

関連記事

草木も寝静まる丑三つ時のセルリー収穫
平出さんの農事録

草木も寝静まる丑三つ時のセルリー収穫

今年も芽かきの季節がやってきました!
平出さんの農事録

今年も芽かきの季節がやってきました!

ハウスと路地にセルリーの定植完了!
平出さんの農事録

ハウスと路地にセルリーの定植完了!

はじまりはいつも繊細に。
平出さんの農事録

はじまりはいつも繊細に。

新着記事