平出さんの農事録
[平出さんの農事録]

農業は常にチャレンジあるのみ!

こんにちは。セルリーの平出です!

この8月はいつになく大変ですね。都心は猛暑を超えて酷暑。さらに台風も接近!

こちら原村も雨と呼べる雨は少なく、今年は全国で野菜全体の生産が大変そうです。 

hiraide01-20230823

この犬が寝ている、まさにここが僕の部屋で一番涼しいところです。よくわかってらっしゃる。もう、動こうとしませんね。

hiraide02-20230823

 

さて、以前より私の農事録では「二毛作が畑にいいよ」と書いてきました。

我が家でも、今までいろんな野菜を植えてきましたが、今年は初めて「ブロッコリー」にチャレンジしたいと思います。

今や原村で2番目に多い生産量の品目で、農家件数も伸びています。

なので、ノウハウはバッチリ。いろんな人に教えてもらいながらやっていこうと思います。

とりあえず今年は定植機をお借りして10aですが、植えてみました。

hiraide03-20230823

セルリーにはないこの定植機がけっこう優秀で、作業効率であったり、まっすぐなラインが引けたり、いろんな仕事をしてくれます。

hiraide04-20230823

↓こんな感じで、後ろからついて行って、リボルバーのようなところに1本ずつセットしていけば良いだけです。

hiraide05-20230823

あらかじめ空の状態で走って、畑にラインを引いてあるので、ゆっくり走ればこの機械には手を触れなくても真っ直ぐ進むことができます。

なので、この量をひとりでこなすことができるうえに、簡単に真っ直ぐな畝ができるのです。

hiraide06-20230823

 

来年もやるなら絶対買います!貸してくださった農家さん、ありがとうございました。

では、今回はここまで。また次回の農事録でお会いしましょう!

この記事を書いた人

平出悠太さん

日本最大級のセロリ産地原村。テレビ制作会社を退職した平出悠太さんは、この地で2015年に祖父のセロリ畑を継いで就農しました。母親も勤めをやめ、母子で4haのセロリを栽培しています。今では、ここでしか手に入らない種を育てるなどのチャレンジも。
趣味のサバイバルゲームは、たびたび千葉まで遠征するなど筋金入りです。

記事一覧へ
1692767560000

関連記事

「苗半作」セルリー栽培は最初が大事
平出さんの農事録

「苗半作」セルリー栽培は最初が大事

セルリーに欠かせないワラの回収
平出さんの農事録

セルリーに欠かせないワラの回収

ハウスと路地にセルリーの定植完了!
平出さんの農事録

ハウスと路地にセルリーの定植完了!

人間も野菜も暑さでヘトヘト!?
平出さんの農事録

人間も野菜も暑さでヘトヘト!?

新着記事