野菜

今年のすいかは昨年よりも大きくて甘いぞ〜

 

watermelon.jpg

まだ梅雨の明けきらない長野県ですが、目前に迫った暑い夏を先取りするかのように、JA松本ハイランドで、露地物すいかの出荷が12日からはじまっています。

なにしろそこは全国でも有数のすいか生産地。昼夜の温度差があり、標高600〜800メートルの水はけがよい火山灰土で育った「JA松本ハイランドすいか」は、シャリシャリした食感と甘さが高い人気です。同JA管内は、すいか生産者約300人、栽培面積約300ヘクタールで、その出荷量は、県内出荷量の97%を占めます。

今年のすいかは春先の低温で生育遅れが心配されましたが、その後、十分な日照時間と適度な降水量に恵まれたため、幸運なことに昨年より大玉傾向で糖度も十分のっています。生産者も「豊作になるのでは」と大きな期待を寄せていて、JAでは9月中旬までに118万ケース(1ケース2玉入り)を出荷する予定でいます。

suikamura07.jpgすいか村もオープン!
15日には松本市和田にある「あぐり資材センター和田」前の広場に、恒例となった「JA松本ハイランドすいか村」もオープンしました。すいか村は今年で6年目をむかえ、生産者が直接、販売を行います。そのため、今年の出来やおいしいすいかの選び方などを生産者から聞くことができて、訪れた人から毎年好評を得ています。

今年は4軒の生産農家が、朝5時から収穫した新鮮なすいかをテントにずらりと並べ、オープン初日から新鮮なすいかを求めて多くの人が来場しました。来場者の一人にお話をうかがったところ、「待ちわびたすいかがやっと手に入った。ずっしりと重たいですね。早く食べたいです」という言葉を残して、足早に会場を後にされました。今週末の21日(土曜日)と22日(日曜日)の2日間は、スイカ祭りもおこなわれ、重量あてクイズや試食発売会などイベントもたくさん用意されています。

また、併設する同JA直営のすいか直売所では、JAのすいか共選所で選別された「JA松本ハイランドすいか」を販売しています。こちらでは、贈答用も取り扱っていて、全国発送も可能です。すいか村の営業時間は午前9時〜午後5時30分まで。8月19日まで無休で営業します。

すいか箱詰め動画見るべし
JA松本ハイランドのホームページでは、すいか村の詳細が確認できるほか、収穫されたすいかが、出荷されるまでの様子を3分30秒ほどの動画で配信されていて、これがついつい見入ってしまい、かなり楽しめます。重たそうな丸いスイカが人の手やロボットハンドやコンベアによってどのようにして選別され、持ちあげられ、箱詰めされていくか、普段、なかなか見ることのできない珍しい映像ですので、ご興味のある方はぜひ一度ご覧下さい。1日に数万個もスイカをはたいて選別する人の手って、どうなっているのか興味がありませんか?

すいか購入に関するお問い合わせは、JA松本ハイランド組織購買センターへ。TEL0120−157118(フリーダイヤル。午前8時30分〜午後5時30分まで。日・祝祭日除く)

こちらは の記事です。
農畜産物や店舗・施設の状況は変わることもございますので、あらかじめご了承ください。

1184684400000

関連記事

おいしいスイカへの用意は出来ていますか?
野菜

おいしいスイカへの用意は出来ていますか?

「JA松本ハイランドすいか」の産地に行ってきました!
果物

「JA松本ハイランドすいか」の産地に行ってきました!

「JA松本ハイランドすいか」のおいしさの秘密

「JA松本ハイランドすいか」のおいしさの秘密

おいしい長野県のスイカを食べつくせ
レシピ

おいしい長野県のスイカを食べつくせ

新着記事