果物

「JA松本ハイランドすいか」の産地に行ってきました!

JA松本ハイランドのすいか

今年もJA松本ハイランドすいか村がオープンしました!
【営業期間2021年7月10日(土)~8月16日(月)】

「JA松本ハイランドすいか」は、標高600~800mの松本市和田・新村・今井・波田地区、および山形村に広がる水はけのよい火山灰土の地層で、地域限定栽培しているブランドすいかです。シャリシャリした食感とおいしさが県内外から高い人気を集めています。
ブランドすいかはどのように栽培されているのか、JA松本ハイランドすいか部会 副部会長 中野敬一(なかの・けいいち)さんにお話をお聞きしました。

交配、摘果、収穫とすいか栽培は大忙し

長野県のスイカ生産者・中野敬一さんと息子さん夫婦

中野敬一さん(左)と息子さん夫婦

中野さんは親の代から50年ほどJA松本ハイランドすいかを栽培しており、現在は奥様と息子さん夫婦の4人で栽培しています。栽培面積は約2.4ha、今年は約2万玉のすいかを収穫予定です。

中野さんの畑では例年7月15日くらいからスイカの収穫がスタートし、9月中旬頃まで収穫が続く予定です。農繫期は交配(受粉)、摘果、収穫など、多くの作業を並行して行うため、目のまわる忙しさです。
※摘果とは未成熟の実を摘み取る作業のこと。

スイカの花

すいかの花に手作業で交配作業をします。

摘果後のすいか

1株2果だけ残し、残りの果実は摘果します。

収穫間近のすいか

収穫間近のすいか

1株2果だけ残すことで、おいしくて大玉のすいかになります。

収穫したすいかはどうやって運ぶの?

すいかの運搬車

JA松本ハイランドすいかは1玉平均10kgです。ハサミで丁寧につるから外されたすいかは「運搬車」と呼ばれる専用の車で畑から運び出し、1玉ずつトラックに積んでいきます。

すいかの断面

すいかの一番甘い場所は「真ん中」です。大玉のすいかは相対的に真ん中部分が多くなるので、おいしいすいかになります。

「大玉を生産できるよう、土づくりにこだわり、栽培マニュアルに沿った管理を徹底しています」と中野さん。
手間暇かけて栽培されているのですね。

最後に、中野さんにJA松本ハイランドすいかの魅力をお聞きしました。

「JA松本ハイランド管内は、昼夜の温度差が大きく、独特のシャリ感でおいしいすいかができる産地です。さらに、部会員一丸となって高品質のすいかの生産に励んでいます。ぜひ、ご賞味ください」

シャリっと甘いJA松本ハイランドすいかをご賞味ください!

すいかのおいしい食べ方

すいかは追熟しないので、購入したらすぐに食べるのが一番です。
すいかの食べごろは8℃~10℃程度。冷やしすぎると甘さを感じにくくなるため、ご注意ください。

すいか畑

■関連リンク
「JA松本ハイランドすいか村」と農産物直売所情報
オンラインショップ JAタウン「JA松本ハイランド」

この記事を書いた人

ゆっけ

関連記事

おいしい長野県のスイカを食べつくせ
レシピ

おいしい長野県のスイカを食べつくせ

おいしいスイカへの用意は出来ていますか?
野菜

おいしいスイカへの用意は出来ていますか?

シャリ、ジュワー♪JA松本ハイランドすいかが旬ですよー
野菜

シャリ、ジュワー♪JA松本ハイランドすいかが旬ですよー

今年のすいかは昨年よりも大きくて甘いぞ〜
野菜

今年のすいかは昨年よりも大きくて甘いぞ〜

新着記事