キノコ

きのこ農家への応援メッセージご紹介

 noutiku012-20231220

消費者と生産者をつなぐために

戦争や異常気象は、私たちの暮らしに大きな問題をもたらしています。肥料・家畜のエサ・燃料など農業生産に欠かせない資材価格の高騰が農家を直撃し「このままでは農業を続けることが難しい」という深刻な声も聞こえてきます。

このような状況のなか、消費者と生産者をつなぐために「長野県のおいしい食べ方」で何かできないか…と考え、2023628日から1010日にわたって「生産者に応援メッセージをおくろう!」企画を実施しました。

普段、何気なく食べている食べ物が、どのように、どんな想いで作られているのかお伝えしたく、長野県の農業を支える若手生産者の生産現場を取材しました。

そして記事掲載に合わせて応援メッセージを募集したところ、全7回合わせて8,138通のメッセージをいただきました。

▼全7回 取材記事まとめ▼
「おいしい」と「安全安心」をつくる人たち。

たくさんのメッセージをお寄せいただき、本当にありがとうございました。みなさんからいただいた応援メッセージは生産者の方へ届いています。ここではメッセージの一部をご紹介するとともに、生産者からのお返事を掲載します。

※表記統一や字数制限の都合により、意図や内容を変えない範囲で、メッセージの一部に変更を加えてあります。

1回「きのこ農家」の竹内さん

1回の取材では、JA中野市のきのこ農家・竹内智昭(たけうち・ともあき)さんを訪ね、普段なかなか目にすることができないエノキタケの生産工場を見せていただきました。

noutiku013-20231220

▼記事はこちら▼
農家さんの工夫や愛情をうけて育つきのこたち

竹内さんへの応援メッセージ

 noutiku001-20231220

あと一品足したいな、と思った時に、すぐ使えるきのこは重宝しています。今日はカットぶなしめじをレンチンして、「だし」と和えてみました。農家さんのひと手間で、こちらは何手間も楽になると思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもたくさん購入して、食べて応援していきたいです!(東京都・40代・ねーねさん)

 

noutiku002-20231220

ボディメイクのため、トレーニングはもちろん食事が重要なので、良質でナチュラルなものを摂るようにしています。きのこは食物繊維だけでなく、いろいろな栄養素が豊富なので、毎日4~5種類を摂っています。なかでも良質な長野県産を選ぶようにしています。
高齢化で担い手が減少し、体力的にも大変な思いをしながらも、妥協せず安全で良質なものをとご尽力するなか、コロナ渦による流通先の減少や物価の上昇…。
今回のキャンペーンで、きのこはもちろん地域や特産品の魅力がたくさんの人に広がって、活性化につながり、みなさんの暮らしが豊かになることを願っています。(神奈川県・50代・kubiさん)

 

noutiku003-20231220

よく食べているえのきは、笑顔の素敵な竹内さんが栽培してくださってたんですね! 安くて身体に良くて、おいしいきのこは消費者の味方であり、お料理の旨味やボリュームを出してくれたり、メインにも脇役にもなる名バイプレイヤーだと思っています。これからもきのこをたくさん食べて、中野市や農家さんたちを応援したいです!(大阪府・30代・ゆっちゃんさん)

 

noutiku004-20231220

長野県のきのこがおいしくて菌活にハマりました。しかし、きのこ料理のバリエーションがなくて困っていたときに『なかのきのこ新聞』のインスタに出会いました。動画を見ながら日々きのこ料理を作っています。菌活を始めてから便秘解消となりました。これも長野県のおいしいきのことレシピに出会えたおかげです。動画にあったきのこオムレツをアレンジした、きのこオムライスが私のお気に入りです。(大分県・30代・ももくまさん)

 

noutiku005-20231220

エノキはそのまま使うだけじゃなく、干しエノキとエノキ氷にして毎日使っています。おいしいだしが出るので、いつもの料理がワンランクUPのお味に。我が家では欠かせない食材です。(福岡県・40代・まままるさん)

 

noutiku006-20231220

エノキタケの栽培の様子、はじめて見ました。暖かいところで育つのかと思っていましたが、6℃まで下げるんですね!  エノキは細かくしてハンバーグのつなぎにすると、ふわふわになっておいしかったです。エノキの買い方の目安を参考にして購入したいと思います。(宮城県・30代・ちぽ助さん)

 

noutiku007-20231220

長野県のエノキ大好きです! 我が家は夏でもカレー鍋など、よく鍋にするのですが、いつもたくさんのエノキを含めたきのこを入れています。年中安くてお財布に優しく、私たちの身体にも優しく、いつも助かっています!(福岡県・20代・アスタリスクさん)

 

noutiku008-20231220

エノキの栽培にとても細かい空調管理が必要だとは知りませんでした。発芽から25日間、丁寧に育てられた年間600トンのエノキ、すごい!(兵庫県・30代・ゆきあかりさん)

 

noutiku009-20231220

きのこが大好きです。椎茸、エノキタケ、ぶなしめじ、舞茸、etc…いつも食べています。エノキの味噌汁の写真を探したんですが、定番すぎてありませんでした。これからもおいしいきのこを作ってください。(神奈川県・60代・散歩の凡人さん)

 

noutiku010-20231220

長野県のきのこ大好きです! これからもたくさん食べて農家のみなさんを応援したいです!(東京都・30代・るーさん) 

竹内さんからのお返事

たくさんの応援コメントに心から感謝申し上げます。みなさまの温かいサポートが私だけでなく、ほかの農家さんや地域にとって大きな力となります。

きのこのおいしさや栄養価を共有し、地域活性化に貢献できることをうれしく思います。これからも健康とおいしさを提供し続け、食卓に笑顔を届けられるよう努力してまいります。

本当にありがとうございます!

noutiku011-20231220

応援メッセージありがとうございました!

こちらに載せきれませんでしたが、ほかにも多くの応援メッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

お送りいただいたメッセージや写真を拝見すると、「安い」「ヘルシー」「いろんな料理に使える」との声が多く、きのこは私たち消費者にとって、まさに縁の下の力持ち的な食材なのだと改めて感じました。

エノキタケの生産過程は普段目にすることがなく、私自身も今回の取材で初めて見ましたが、小さなエノキがびっしり詰まったポットは、とても神秘的でした。

これからも長野県のきのこを買って応援、食べて応援していきましょう!

こちらは の記事です。
農畜産物や店舗・施設の状況は変わることもございますので、あらかじめご了承ください。

きのこの産地 中野市のきのこ情報はこちら

きのこのレシピや豆知識まで、きのこの情報をギュッと楽しく紹介する、JA中野市が運営する「なかのきのこ新聞」

きのこについて気になる方は、ぜひこちらもご覧ください

なかのきのこ新聞をみてみる
nakanokinokoshinbun
この記事を書いた人

おとうふ

1703052000000

関連記事

肉牛農家への応援メッセージご紹介

肉牛農家への応援メッセージご紹介

ぶどう農家への応援メッセージご紹介

ぶどう農家への応援メッセージご紹介

すいか農家への応援メッセージご紹介

すいか農家への応援メッセージご紹介

トルコギキョウ農家への応援メッセージご紹介

トルコギキョウ農家への応援メッセージご紹介

新着記事