詩乃さんの農事録
[詩乃さんの農事録]

市場で牛が競り落とされるまで

早朝から牛をトラックにのせ市場へ


今回の市場はあいにくの雨で、私にとって初めて天気の悪い市場になりました。天気の悪い日は朝から憂鬱ですよね〜…。

なんて言ってられず、市場の日はいつもより早起きをして、牛をのせるトラックが来るのを待ちます。

tanaka01-20220914

見えにくいですが、牛をのせた写真です。

牛は私たちより先に着いて、あらかじめ決められている「セリ番号」と同じ番号のところにつながれています。

tanaka02-20220914

tanaka03-20220914
セリが始まるまでに、購買者の方は牛を見てまわります。

体重を測り、セリ開始

10時からセリが始まります。引き手が、牛がつながれているところから体重計のところまで連れていき、順番を待ちます。

体重を測ってからセリます。体重を測ることで、その牛の日齢と比較して、きちんと成長しているのかを見ます。


tanaka04-20220914

黄緑色のビブスを着ているのが引き手の方たちです。ちなみに私も引き手をやっています。

おとなしく引かせてくれる牛や、なかなか動いてくれない牛、暴れる牛など、いろいろな牛がいて、一頭一頭性格がちがい、大きい牛だからとビビっていると意外とおとなしかったり、小さい牛だから大丈夫だと思っていると激しかったりと、面白いです。油断は禁物ですね。

体重を測り終え、順番が回ってきたら、ついにセリが始まります。

電子掲示板に、出場番号、体重、生年月日、系統などが記載されています。価格は、競られている間は上がっていくのが見られます。


tanaka05-20220914
競られているときの様子です。

価格の動きが止まり、買取先が決まれば、指定のところにつなぎます。引き手の仕事はここで終わりです。

あとは買い取り先の方などが各自トラックに牛をのせて帰ります。

うまく説明ができませんでしたが、市場の流れはこういう感じです。

市場の日は、なぜか眠気に襲われる…

毎回、子牛が約350頭、親牛が約15頭、そのほか約5頭ほどで、全頭で約400頭前後が上場します。計算が合いませんが、毎回、頭数がちがうので、だいたいの頭数で書いてみました。

10
時から始まり、終わるのは15時前後になります。

普段の仕事より体力を使わない気がしますが、市場の日は夕方から睡魔が襲ってきます(笑)。

ということで、全然締まらないんですけど…、今回はこれで終わりにします!

最後に、癒される写真をどうぞ!

tanaka06-20220914

 

この記事を書いた人

田中詩乃さん

一般企業を退職し、祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した田中詩乃(たなか・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛16頭のうち2頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ

関連記事

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

春の野焼きと、牛のセリ

春の野焼きと、牛のセリ

とうもろこしの種まきと、山村牧場の牛の名前

とうもろこしの種まきと、山村牧場の牛の名前

「1番草」の牧草作業

「1番草」の牧草作業

新着記事