はじめまして。開田高原で繁殖和牛を営んでいます!

こんにちは!
今月から農事録を担当することになりました田中詩乃です。2000年生まれの22歳です。木曽地域の開田高原で祖父母とともに繁殖和牛を営んでいます。


shino01-20220413敷地内から見える御嶽山

自分名義の牛が2頭、うち1頭の子牛をまもなく出荷

夏には家庭菜園と、とうもろこしを育てて販売をしています。

開田高原は標高が1100〜1300mと高く、真夏でも平均気温が18度と過ごしやすい地域だといわれていますが、ここ数年、開田高原も暑くなってきているのではないかと、畑仕事をしながら思っています。

今年の冬は全国的に雪が多く、朝起きて外へ出ると雪。昼休憩が終わって外へ出ると雪。うんざりするほどの雪降りで、雪景色はきれいで好きですが、ここまで降られると嫌になるものですね…(笑)。

shino02-20220413久しぶりに外へ出た子牛たちが喜んでいる姿。雪の仮面かわいい♡


私はこの道へ入って、もう少しで3年目になります。専門学校へ行っていないので無知からのスタートとなりますが、祖父母について日々勉強しています。

祖父母が、私の張り合いになるようにと、2頭の牛を私名義にしてくれました。1頭は子牛を生んで、初産ですが順調に育ってくれて、6月の市場に出荷する予定です!

shino03-20220413お産した次の日の様子


shino04-202204137カ月経った現在の姿

「繁殖農家」と「肥育農家」

牛飼いには、おもに「繁殖農家」と「肥育農家」があります。

繁殖農家は、母牛を人工授精させて子牛を産ませ、その子牛を8〜9カ月間育て、家畜市場などへ出荷する農家さんのこと。

肥育農家は、家畜市場などから導入した肥育素牛を20カ月前後肥育し、と畜場へ出荷する農家さんのことをいいます。繁殖から肥育まで一貫経営を行っている農家さんもいます。

繁殖農家ならではの大変なことも多々ありますが、肥育農家さんや一貫経営を行っている方は、私からすると本当に尊敬できる存在です。

では、今回はこれで失礼します。これからよろしくお願いします!

この記事を書いた人

田中詩乃さん

一般企業を退職し、祖父母が営む黒毛和牛の繁殖農家を継ぐことを決意した田中詩乃(たなか・しの)さん。木曽御嶽山の麓の牧場で、現在飼っている牛16頭のうち2頭が詩乃さんの牛です。畜産農家となる夢は現実になり、さらに大きく膨らもうとしています。

記事一覧へ

関連記事

酪農界の王子登場!乳脂量日本一の牛乳を生みだす男前

酪農界の王子登場!乳脂量日本一の牛乳を生みだす男前

原田さんちの親子2世代酪農農事録 

原田さんちの親子2世代酪農農事録 

都内から移住して果樹農家に。夢を叶えた男前夫婦

都内から移住して果樹農家に。夢を叶えた男前夫婦

春の野焼きと、牛のセリ

春の野焼きと、牛のセリ

新着記事