原田さんの農事録
[原田さんの農事録]

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第32回

 

 

Mt. Asama Dairy Farmer's Diary 08 Mid Summer

●酪農家族の原田さんちの牛舎は浅間山の南斜面に広がる小諸市にあります。大規模ではありませんが見晴らしのよい牛舎で、そこでは年間30頭〜50頭ほどの牛たちが穏やかに過ごしています。酪農家歴37年の原田紀男さんと酪農家歴14年目の貴信さんの、父と息子の2世代の酪農家に伝えていただいています。

 

stop-20120821-4-08230000.jpg


い日が続きま すね〜。
(^^;
みなさん、暑さ にやられていませんか〜?
我が家の牛さ ん、暑さにやられてしまったようです。
何とか回復して くれるとよいのですが・・・


 

 



ss-p37_04ill09_4c.jpg


こ最近は二番草の収穫が畑作業の主な作業です。

二番草ってなに?

(^^?)

そう思った方も多いかもしれませんね。


6月に刈り取りする牧草が一番草です。

牧草は時期になると

穂が伸びてきて先端に種を付けます。

穂が出て伸びきった頃が

牧草の刈り取り適期になります。


今年最初の刈り取りした牧草を一番草と呼び、

二番目に刈り取りしたものを二番草と呼びます。

と、すると(^0^???

一年で何回も刈 り取り収穫が出来るのか

と思ってしまう方も

いるのではないでしょうか?

牧草の収穫回数は

年間、二回から三回くらいになります。

ですが、収穫量は一番草が沢山の牧草を

収穫する事が出来るのですが、

三番草になると

少ししか収穫する事が出来ません。

s-20120821-5-08240000.jpg


沢山の牧草を収穫するために

この暑い時期にやらなければいけない

大切な作業なのですが

この暑さの中の作業!

(++;

自殺行為ですよ ね

水分補給と定期的な休憩は必須です。

皆さんも気をつけてくださいね。

s-002-20120821-2.jpg


s-003-20120821-3.jpg


て、このとうもろこし

お店で出回っているのを

見た事のある方もいると思います。

生で食べられるホワイトコーン

何年か前から栽培しているのですが、

完熟のホワイトコーン

美味いです。

(o^o^o)


農事録の生産者の作物も

プレゼント企画やったら面白いと思いますよ。って・・・

メルマガスタッフの方にお話したら、

また考えますって・・・

(^^;

来年は読者の誰かに

届くかもしれませんね、ホワイトコーン!

s-001-20120821-1.jpg


我が家のもろこし畑(スイートコーン)

今年も収穫作業がほぼ終了し

片付けの作業をしている所です。

来年も美味しいスイートコーンを

栽培したいと思います。

s-p37_09ill06_4c.jpg


盆を過ぎると朝晩は涼しくなって

過ごしやすいのが例年の気候なのですが

今年はまだまだ暑さの残る夜が

多い感じがする毎日です。

残暑の厳しい日が

まだまだ続きそうではありますが

時折吹く秋風が気持ちよく感じられる季節に、

いつの間にか変わっていくのだろうと思います。

でも、しばらく は・・・

(++;

 


あわせて読みたい:

 ・ 原田さんちの親子2世代酪農農事録 過去記事

 

 

 

この記事を書いた人

原田紀男さん・貴信さん

酪農家族の原田さんちの牛舎は浅間山の南斜面に広がる小諸市にあります。大規模ではありませんが見晴らしのよい牛舎で、そこでは年間30頭~50頭ほどの牛たちが穏やかに過ごしています。酪農家歴37年の原田紀男さんと酪農家歴15年目の貴信さんの、父と息子の2世代の酪農家に伝えていただいています。

記事一覧へ

関連記事

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第17回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第17回

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第6回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第6回

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第5回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第5回

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第30回
原田さんの農事録

原田さんちの親子2世代酪農農事録 第30回

新着記事