果物

甘ずっぱくて果汁たっぷり、真夏の天使をいただきます

サマーエンジェル

果樹園も、直売所の果物コーナーも、いよいよにぎやかになってまいりました。訪れるたびにさまざまな品種が色とりどりに並んでいます。
長野県北部の中野市では、いまが旬の大きなスモモ「サマーエンジェル」の収穫・出荷が始まりました。

サマーエンジェルはどんなスモモ?

サマーエンジェル

千曲川沿いの肥沃な土地にリンゴやモモの畑が広がる北信濃

訪れたのは千曲川(信濃川)沿いに果樹園が広がる中野市上今井地区。農協の技術指導員から専業農家になって15年目の藤田清隆さんの畑におじゃましました。藤田さんは、全国各地を飛びまわって果樹栽培の技術を学んだのち、実家の果樹農家へ。現在、JAながの みゆき スモモ部会長を務めながら、スモモ、モモ、リンゴをそれぞれ数種類ずつ栽培しています。

サマーエンジェル

サマーエンジェルは長野県の隣の山梨県で開発されました。「ソルダム」と「ケルシー」という品種を配合・選抜して生まれた品種です。大きなものは大人のこぶしほど。黄色と紅色のグラデーションが美しいスモモです。

サマーエンジェル

ひとつの樹でも個体によって収穫時期がさまざまなので、こまめに収穫していかなければいけません。さらに今年は例年より陽射しが強く、雨が極端に少ないため、「色づきは良いほうではないんです」と藤田さん。いえいえ、黄と赤と赤紫を塗り重ねた深みのある外皮は、とっても美しい、と思いましたよ。手間がかかり、苦労も多いと思いますが、そのぶん味が良く見た目も良く、食べた人を感動させてくれるに違いありません。

もぎたてのみずみずしさよ!

サマーエンジェル

「まあ、まずは食べてみてください」と藤田さんにすすめていただきました。いそいそと持参したナイフを取り出し、切れ目を入れた瞬間から透明な果汁がポタポタポタ......。そのみずみずしさに驚きました。くぼみに沿ってグルっと切れ目を入れ、手でそっと包んでひねると種がはずれます。パカっと開くと、透明感のある黄色い果肉が西日にキラキラ輝きます。藤田さんと半分こして、「いただきます!」、皮ごとガブッといきました。

サマーエンジェル

すっぱくて、甘くて、やっぱりうまいっ!

果肉の食感も色もしっかりしているので、生でスイーツのトッピングにしても映えるし、白ワインなどでシロップ煮にしても、きっとおいしいはずです。

サマーエンジェル

味見させていただいたのは小鳥がつついたもの。皮はすっぱく果肉は甘い。美味!

このおいしさを全国に届けたい

サマーエンジェルは栽培本数が少なく、収穫に手間がかかることなどから、地元でもなかなかお目にかかれないスモモです。サマーエンジェル歴10年目の藤田さんは、3本しか栽培していませんでした。地元の直売所にもあるかどうかわからない......。

サマーエンジェル

色づきをよくするため、今年は特別に反射シートを樹の下に敷いている

藤田さんに聞いてみました。
「全国のみなさんに食べてもらうには、どうしたらいいでしょう?」
すると、「JAながの みゆき果実共選所で聞いてみてください」とのこと。
藤田さんにお礼をして、畑から5分の共選所へ。収穫したてのスモモやプルーンが次々と届くなか、サマーエンジェルの購入方法を教えていただきました。

サマーエンジェル

JAながの みゆき果実共選所へ、電話(0269-38-2025)またはFAX(0269-38-2422)にてお問い合わせください。果樹園直送のおいしさを全国各地へお届けします。
サマーエンジェルの注文期間は、2018年は8月5日ごろまで。それ以降は、「太陽」という紫色のスモモや白桃が注文できますよ。

「サマーエンジェル」の美しい色とおいしさは、一度食べたら忘れられません。もちろん、疲労回復効果が期待される有機酸や食物繊維、カリウムといった成分も含まれているのがうれしいですね。
生産量が限られており、旬も短いので、気になった方はお早めにどうぞ。

午後4時とはいえ30度を超えるなかでの取材は体力勝負でしたが、台風にも酷暑にも水不足にも負けず、いきいきと情熱を持って果樹栽培に取り組んでいる藤田さんに、たくさん元気をいただきました。ありがとうございました!

サマーエンジェル

関連記事

川中島白桃という特別な桃の話を聞いてきた
果物

川中島白桃という特別な桃の話を聞いてきた

楽しかったよ♪♪さくらんぼ狩り

楽しかったよ♪♪さくらんぼ狩り

ブドウの色の違いは何ですか?
果物

ブドウの色の違いは何ですか?

秋も元気に美しく!ビタミンたっぷりのプルーンを食べよう
果物

秋も元気に美しく!ビタミンたっぷりのプルーンを食べよう

新着記事