果物

勉強の秋、食欲の秋、信州伊那栗を学ぼう!食べよう!

信州伊那栗

秋と言えば"栗"、栗と言えば"秋"。
長野県では、北は小布施町、南は飯島町が栗の名産地となっています。
今回訪れた、飯島町の「一般社団法人 月誉平(つきよだいら)栗の里」では、その栽培技術から、小布施町の栗生産者の方も剪定を教わりに来るほど、栗の栽培に長けています。

そんな、飯島町を中心に栽培している「信州伊那栗」のおいしさに迫ります。

栗の栽培に適した月誉平の土壌と、平澤さんの思い

信州伊那栗

今回、取材協力していただいたのは、「一般社団法人 月誉平 栗の里」代表理事会長の平澤晃さん。
平澤さんは、とにかく「環境に優しく、安心、安全、農地を守ろう」をモットーに栗の栽培に努めています。

月誉平地区は戦前、食糧危機に陥った際に開墾され、一部は水田や畑として利用されてきましたが、近年、生産調整や野菜等栽培の減少・有害獣の多発等により一部不作付けとなり、荒廃化が懸念されていました。
「このまま山に戻していいのか?」と平澤さんが発起人となり、「月誉平の農地を守ろう」と有志45名で、平成23(2011)年より栗の栽培が開始されました。

「栗の栽培には土壌作りが大切」と語る平澤さん。
月誉平は山頂に位置しているため、水源がなく、栗の栽培に使用できるのは雨水のみ、という過酷な環境にあります。しかし、ここ月誉平の土壌は、保水力のある赤土の酸性土壌で水はけもあり、栗の栽培にとても適しています。

信州伊那栗

伊那栗ころころ♪ いなぐりこ♪ 栗の収穫がピーク!

信州伊那栗

栗は、収穫時期になるとイガが開き栗が落下します。中には、イガごと落下するものがあり、両足でイガを剥き、手でイガから栗を取り出します。
このことが、「栗狩り」ではなく「栗拾い」と呼ばれる所以ですね。

信州伊那栗

栗は"鮮度が命"なため、雨の日も収穫をして、すぐ集荷場に運びます。

集荷場では、採れたての栗が運ばれてきます。
収穫時に土や草が付着しているため、一度洗います。
水分をふき取りながら、傷や熟れ具合、サイズによって選別されていきます。

信州伊那栗

栗洗い

信州伊那栗

選果

平澤さんオススメの調理方法は、栗の"座"(栗下部の色が薄いところ)に切れ込みを入れ、素揚げにする天ぷらだそうです。ぜひお試しください♪

月誉平の栗は、主にJA上伊那の選果場や、同町の「信州里の菓工房」へ出荷されます。「信州里の菓工房」では、伊那地域で取れた栗を使用したモンブランや栗きんとんが期間限定で販売されています。

信州伊那栗

「できたてモンブラン」。2017年は9月8日より発売開始。1日数量限定で栗がなくなり次第終了

「みんなで協力して地域活性化をしています。日本で一番おいしい栗ができるのはここだと、全国に向けて発信していきたい」と語る平澤さん。

「信州伊那栗」を皆さんもぜひ、味わってみてください!

信州伊那栗

【お問合せ先】
■ 一般社団法人 月誉平 栗の里
長野県上伊那郡飯島町田切2188
TEL 0265-86-3546

■ JA上伊那 飯島果実選果場
長野県上伊那郡飯島町飯島上の原2742-1
TEL 0265-86-6688

■ 信州里の菓工房
長野県上伊那郡飯島町七久保2513-2
TEL 0265-86-8730
FAX 0265-86-8731

JA上伊那

この記事を書いた人

ジャスミン

関連記事

おいしさは『手間』の結晶 市田柿
加工品

おいしさは『手間』の結晶 市田柿

皮も実もやわらか♪知る人ぞ知る、幻の「両島なす」
野菜

皮も実もやわらか♪知る人ぞ知る、幻の「両島なす」

ラ・フランスはおいしく食べていただきたい
果物

ラ・フランスはおいしく食べていただきたい

今や貴重な存在に。秋の味覚アケビの意外な食べ方
果物

今や貴重な存在に。秋の味覚アケビの意外な食べ方

新着記事