果物

ぶどうのなかのぶどうといえば巨峰

budou1.jpgポリフェノールがたっぷり含まれる大粒ぶどうの「巨峰」こそ、まさにぶどうの王様です。濃い紫色の皮、淡い緑色の果肉。ワイルドな味と香り、甘みも濃厚で、糖度はすべてのブドウの中で最高。長野県はその巨峰の栽培が全国一。ハウス栽培や露地栽培を組み合わせて、4月から12月までの長期期間にわたる出荷を行っています。中でも巨峰の一番おいしい時期が、まさにこれから! 宝石のようなおいしいぶどうをほおばり、心行くまで至福のときを楽しんでください。

長野県のぶどうの種類
長野県で栽培されているぶどうの種類は、巨峰・デラウェア・ナイアガラ・ピオーネ・ルビーオクヤマ・ロザリオビアンコで、巨峰が約7割を占めます。詳しくはJA全農長野くだものデータベースのぶどうへ。

また、平成2年に長野県果樹試験場で育成されたオリジナル品種「ナガノパープル」は、種なしで皮ごと丸かじりできる未来のぶどうとして普及・開発が進められています。請う、ご期待。

長野県の巨峰のピークは9月
長野県の巨峰栽培は、昭和25年に山形県から苗木が導入されたのが始まり。現在、4?8月はハウス栽培、9?10月は露地栽培、11?12月は二期作と、長期出荷体制が整っています。出荷のピークは、露地巨峰で9月から10月になります。長野県の栽培は、面積1890ha、生産量21300トン(平成16年度)。主な産地は、中野市・須坂市・長野市・東御市・小布施町・山ノ内町・松本市・塩尻市などです。

夏の疲れに、ぶどうでエネルギー補給
巨峰に多く含まれるポリフェノールには、悪玉コレステロールの酸化を抑制して動脈硬化を予防したり、心臓病をはじめとする活性酸素が関与する疾病の予防、発ガン抑制効果、抗アレルギー作用があるといわれます。また、一般的にぶどうには、ブドウ糖や果糖が多く含まれます。ブドウ糖液が点滴などに使われることからわかるように、人の体の中ですばやくエネルギー源となるので、疲労回復や病中病後の栄養補給には、もってこいの果実なのです。

失敗しない巨峰の選び方
巨峰を選ぶときのポイントは、巨峰の「軸」をチェックしてください。緑色で弾力性があり、水気があるものを選ぶようにしましょう。また果皮が黒々していて、果粒そのものがずっしりと充実していれば、まず大丈夫。逆に果皮が褐色になり、果粒がポロポロとすぐに落ちてしまうものは、残念ながら鮮度が落ちている証拠です。フレッシュな巨峰を冷蔵庫でよく冷やして、おいしく召しあがれ!

ぶどうゼリーとぶどうジャムの作り方

  • 材料
    • 巨峰800g
    • 砂糖250g
    • レモン果汁大さじ2
    • ゼラチン18g
    • 水500cc
  • 作り方

    1. 巨峰は皮付きのまま半分に切って種をとる。
    2. 鍋に[1]と砂糖、レモン果汁を加えて火にかけ、15分ほどトロリとするまで煮込む。これでジャムのできあがり。
    3. さらに、煮込んだ[2]をざるに移し、ゼリー用に果汁を搾り出して溶かしておいたゼラチンと混ぜ、冷水に冷やして、カップに移す。
    4. そして4?5時間ほど冷やせば、おいしいゼリーのできあがりです。

 

関連記事

みんな、今年の巨峰は大粒で甘いんだぞ!
果物

みんな、今年の巨峰は大粒で甘いんだぞ!

ぶどう好きは中野市ぶどう祭りに結集せよ!
果物

ぶどう好きは中野市ぶどう祭りに結集せよ!

ルビー色で甘い「サニールージュ」って?
果物

ルビー色で甘い「サニールージュ」って?

ピークシーズン前のおいしい巨峰の予習授業
果物

ピークシーズン前のおいしい巨峰の予習授業

新着記事