果物

フィンガーライムをご存じですか?

皆さんは耳にしたことがあるでしょうか、「フィンガーライム」なる果物のことを。

最近はテレビでも取り上げられ、じわじわ人気が出ているとのこと。見たことも聞いたこともなかった私は、ネットで調べてみるも、そのビジュアルにあまりピンと来ず。

「こ、これは果物なのか!?なんだかタラコみたい」。そんな第一印象でした。

長野県南部の飯田市上川路にそんなフィンガーライムを栽培する方がいらっしゃると聞き、取材に訪れました!

 noutiku001-20230927こちらのビニールハウスで栽培しています!

 

「森のキャビア」と呼ばれる、不思議な見た目のかんきつ類

「フィンガーライムはオーストラリア原産のかんきつ類で『森のキャビア』って言われてるんですよ」と取材にご協力いただいた飯田市の長沼春樹(ながぬま・はるき)さん。

「食べてみてもらったほうが早いから」(長沼さん、以下同じ)と早速、現物をご用意くださり、さらに「単体で食べるものじゃないよ」と、なんと一緒に食べるアイスまで用意してくださいました(大感謝)。

初めて見るフィンガーライム。外皮だけ見ると果物とも柑橘とも正直、思えません。

「こうやって切ってから果肉を押し出します」

HubSpot Video

 

果実を半分に切ってぎゅっと強めに押すと、中からぷちぷちの果肉が!

 noutiku002-20230927

今回ご用意いただいたのは「ピンクアイス」という品種です。品種によって果肉の色もさまざま。柑橘系の香りとともに、ほんのりこしょうのようなスパイシーな香りがします。バニラアイスにのせて、いただきまーす!

noutiku003-20230927

noutiku004-20230927

果肉に甘みはほどんどなく、酸味と苦味が甘いバニラアイスのいいアクセントに。こしょうの風味がバニラアイスを引き立て、高級感を爆上げしてくれます。

(「安いラクトアイスの方が合うんだけどね」と言いながら、某お高めアイスに添えてくれる素敵な長沼さん)

noutiku005-20230927断面を観察すると、かんきつ類特有の袋状の構造が!

この不思議な果物は今、高級レストランやホテルも注目する食材なのです。

「レモンやすだちみたいに肉や魚にかけて使うけど、それらと違うのは果汁が飛んだり流れたりぜす、口の中で果肉はじけるところかな、食感も見た目も楽しいよね」

noutiku006-202030927品種によって味も果肉の色もさまざま

栽培の様子

 ハウスの中では12品種作っているという長沼さん。ただし、フィンガーライムは3040種類があるそう!

農家仲間が苗をオーストラリアから個人輸入したものを、勧められて分けてもらったのが栽培のきっかけだそう。さまざまな品種が実る様子をご覧ください! 

noutiku007-20230927「鉢植えで育てたほうが糖度が高いといわれているため、鉢植えで育ててみてます」

noutiku008-20230927
幹にはトゲがたくさんついていて、収穫時は気をつけなければならないとのこと。手を伸ばした筆者もやられました

noutiku009-20230927丸っこくて小さめの実がたわわに!

noutiku010-20230927こっちは細長くて野菜みたいな見た目です!

noutiku011-20230927熟すと画像のように実がはじけます!

noutiku012-20230923
南信でも冬の温度には耐えられないため、ハウス栽培・暖房器具が必須(↑画像は暖房器具)


今年でフィンガーライムの栽培
3年目。じつは長沼さんの本業はシクラメンを中心に栽培する花き農家さん!「柑橘は今のところ半分趣味で栽培しています(笑)」とのこと。

「今は品種の研究中」だそうですが、将来の温暖化の可能性も踏まえつつ、いずれは南信で農家仲間とともに柑橘のブランド化をしてみたいと語ってくださいました。

noutiku013-202030927
出来栄えを確認する長沼さん。「この地域で柑橘やってみるのも面白いなーと思って」

 

どうやって食べるの?

「基本的に単体で食べるものじゃなくて、レモンみたいにお料理にかけて使ってください。お肉やカルパッチョや白身魚の刺身、カキ、秋だったら松茸、サンマとか…。あと、お酒にも合うと思います、炭酸系のお酒に入れると果肉が浮き沈みして見栄えがしますよ」

何本かお土産に持たせてもらいました!(大感激)

noutiku014-20230917フィンガーライムとレモンのお土産!冷蔵で2~3週間もつとのこと


ということで、早速大好きな牛タンに添えてみました(冒頭でも登場した品種・ピンクアイスです)。


noutiku015-202030927
レモンのようにさっぱりしつつ、こしょうのような風味で味が締っておいしい!肉好きの感想を信じて!


さらに、お酒大好きミドサー男子の職員がなじみのお店に持ち込み、お酒に入れて写真を撮ってくれました(笑)。

noutiku016-202030927
「さわやかな風味がプラスされ、ぷちぷちした食感がアクセントになってた」とのこと!のんべえの言うことは信じられる!

見つけたら、即買いして!

フィンガーライムの収穫期は「早い品種で9月中旬、遅い品種で2月くらいまで」。

ただ、一部のレストランやホテルで使用される高級食材として注目されつつある一方、まだまだ流通していないのが現状です。「キロ単位で売るのが難しいから、なかなか販路が確保できないのが課題」といいます。


noutiku017-20230927品種によって色もさまざま。見た目もきれいで「映え」ますね! 

「まずはフィンガーライムを知ってほしい」と長沼さん。

「手に取ってほしいから直売所に安く売ってるんだけど…、みんな知らないから買っていかないんだよ。それでレストランの人とかが買いに来るの、安いから(笑)」

知る人ぞ知る、高級食材のフィンガーライム。じわじわ人気上昇中のこの不思議な果物、ぜひお見知りおきを。そして運良く見つけたら即、手に取ってくださいね!

フィンガーライムが買えるところ

長沼さんのフィンガーライムは下記JAみなみ信州の直売所で販売しています
数が限られておりますので、詳細は直売所にお問い合わせください。

およりてふぁーむ農畜産物直売所

〒395-0817 飯田市鼎東鼎281(JAみどりの広場内)
TEL:0265-56-2822 FAX:0265-56-2862
E-mail:han00-2@mis.nn-ja.or.jp
営業時間:9時〜18時
休業日:不定休

マップをみる


りんごの里農産物直売所

〒395-0152 飯田市育良町1-2-1(中央自動車道飯田インター前)
TEL:0265-28-2770 FAX:0265-28-2780
E-mail: rin50-1@mis.nn-ja.or.jp
営業時間:9時〜18時
休業日:不定休

マップをみる

この記事を書いた人

おとうふ

1695802668000

関連記事

直売所で売られていたフダンソウを育てた人
野菜

直売所で売られていたフダンソウを育てた人

このジュースのために本当に1年待ちました
加工品

このジュースのために本当に1年待ちました

秋も元気に美しく!ビタミンたっぷりのプルーンを食べよう
果物

秋も元気に美しく!ビタミンたっぷりのプルーンを食べよう

贈る人、食べる人、作る人、みんなが高山りんごを愛する訳
果物

贈る人、食べる人、作る人、みんなが高山りんごを愛する訳

新着記事