野菜

産地からのおすすめレシピ〈ブロッコリー編〉

ブロッコリー&レタス

新鮮な採れたてを食卓に届けようと産地では集荷、流通段階でさまざまな工夫を重ねています。では、究極の採れたてが手に入る産地では、どのようにいただいているのでしょうか。ブロッコリーとレタスで聞いてみました。

蒸して簡単、茎も無駄なく――ブロッコリー

20190807recipe02.jpgまずブロッコリー。JA佐久浅間女性会会員の三井章恵さんにうかがいました。

料理に使う場合、最初に必要になるのが下ごしらえ。ビタミンCをはじめ豊富な栄養素を生かすために三井さんがすすめるのは、フライパンで蒸す方法です。手軽に短時間でゆでることができます。

ブロッコリーをフライパンで蒸す方法

作り方 (1) ブロッコリーは洗って小房に分ける(茎は周りの硬い皮を剥ぎ、短冊切りして一緒に蒸す)。   (2) フライパンに(1)と水100ccくらい、塩少々を入れ、ふたをして中火で3分くらい蒸す。   (3) ふたを取り水気が残っていたら→強火にして水気を飛ばす。
 ふたを取りまだ硬かったら→少し水を足して好みの硬さまで蒸す。
  (4) ざるに上げそのまま冷やす。

多く手に入った時は、少し硬めに仕上げて1回に使う分ごとに保存袋に入れ、密閉して冷凍すれば長持ちします。

こうして蒸して(ゆでて)あれば、あとは自由自在。塩昆布とごま油であえればすぐ一品。冷凍したブロッコリーは、そのまま濃いめのめんつゆとともにフライパンに入れ、解けたところで卵を溶き入れれば卵とじに。耐熱皿に並べ、ピザ用チーズを散らしてオーブンで焼けばチーズ焼き。ほかに天ぷら、フライ、シチューにとなんにでも使えます。
しばしば問題になる茎の部分は硬い表面を剥いだ上、きんぴらや浅漬けにすれば無駄がありません。奈良漬に使った後の「ぬきかす」を利用したかす漬けもおいしいですよ。

ブロッコリーの茎のきんぴら

作り方 茎の表面の硬い部分は剥ぎ、太めの千切りにする。ごま油で炒め、酒・砂糖・しょうゆで味付け。最後にごま、七味唐辛子をかける。

夫とともにブロッコリーの生産者でもある三井さんは、5月末から11月のシーズン中、ほぼ毎食、ブロッコリーを食卓に並べているそう。シンプルでおすすめのレシピを挙げてもらいました。いずれもブロッコリーは1房。少し硬めに蒸した(ゆでた)ものを使います。

ブロッコリーのアーリオ・オーリオ(ブロッコリー1個分)

ブロッコリー&レタス

作り方 (1) オリーブオイル大さじ2、ニンニク1片(みじん切り)、たかのつめ1本(種を出し輪切り)をフライパンに入れ、弱火で香りが出るまで加熱する。   (2) ブロッコリーを入れ、塩コショウで味を調える。

ブロッコリー+スクランブルエッグ

作り方 (1) 卵2個、牛乳大さじ1、粉チーズ大さじ1、塩・こしょう(適宜)をまぜておく。   (2) フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、火にかける。   (3) 熱くなったら(1)を入れ、すぐにブロッコリーも入れてかき回し、半熟程度で皿に盛り付ける。

ブロッコリーのマヨ炒め

作り方 (1) ウインナーまたはハムを5mmくらいに切る。   (2) フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れ、ウインナーを炒め、ブロッコリーを入れる。   (3) マヨネーズ大さじ1、塩・こしょう(適宜)を加え、さっと炒める。
この記事を書いた人

昭和人Ⅱ

関連記事

産地からのおすすめレシピ〈レタス編〉
野菜

産地からのおすすめレシピ〈レタス編〉

キャベツの収穫は、積雪150cmのその下から
野菜

キャベツの収穫は、積雪150cmのその下から

春アスパラの食べ方 お好みはどれ?
野菜

春アスパラの食べ方 お好みはどれ?

編集部おすすめの牛乳アレンジレシピ2品!
レシピ

編集部おすすめの牛乳アレンジレシピ2品!

新着記事