野菜

手軽においしく!生産者に聞くアスパラガスレシピ

アスパラガス

丹精込めて栽培されるアスパラガス。おいしく、手軽に味わうレシピをJA上伊那理事の山岸眞由美さんに紹介してもらい、挑戦してみました。山岸さんは3年ほど前に第一線は退いたものの、現在でも自家用を中心にアスパラガスを栽培している生産者でもあります。

茹でるだけでも抜群においしい

アスパラガス

とりわけ甘く、香り立つ春のアスパラガスは、ゆでてしょうゆをたらしマヨネーズをつけるだけで十分においしくいただけます。ゆで時間は、沸騰した湯に漬けて、再び沸騰するまで待ち、その後30秒ぐらいが適当だそうです。穂先の部分はやわらかいのですが、つい欲張って根元の方まで使おうとすると堅い筋が残り、せっかくの料理が台無しになってしまいます。根元のかたい皮は、ピーラーで剥いでおけばいいそうです。

さっとゆでたアスパラガスは浅漬けにしてもおいしい。市販の浅漬けの素がなければ、みそと砂糖を少々混ぜて調味料にできます。漬けて1日くらい置けば味が染みます。ごま油などとともにあえてナムルに。

アスパラガスのナムル

材料 アスパラガス 300g
調味料
 塩 小さじ1/2
 ごま油 大さじ1
 おろしニンニク 少々
作り方 下のかたい部分はピーラーで剥ぎ、斜め薄切りにしてゆで、調味料であえる。

ゆでる以外に、塩、コショウで炒めてもいいし、フライにしてもいい。ポン酢しょうゆなどでつくった調味料で揚げびたしにしてもおいしい。

アスパラガスの揚げびたし

アスパラガス

材料 アスパラガス 300g
調味料
 ポン酢しょうゆ 3/4カップ
 だし汁 1/4カップ
 レモン薄切り 3~4枚
作り方 (1) アスパラガスは下のかたい部分はピーラーで剥ぎ、10cmくらいの長さに切る。   (2) バットに調味料を合わせる。   (3) フライパンに油を1cmほど入れ、180度で時々返しながら2~3分揚げる。   (4) 油を切って熱いうちに(2)に漬ける。時々上下を返して味を染みこませる。

近年、料理店では太く、立派なアスパラガスがメインの食材として存在感を発揮しています。細いアスパラガスでも、薄切り肉を巻けば、引き立ちます。同じくらいの太さに千切りしたジャガイモと合わせればコロッケのようにもできます。

アスパラとジャガイモの巻カツ(4人分)

アスパラガス

材料 アスパラガス 6本
豚もも薄切り肉 12枚
ジャガイモ 大1個
揚げ用に小麦粉、パン粉、卵、各適量
ソース
 中濃ソース 大さじ2
 水 小さじ1
 粒マスタード 小さじ2
作り方 (1) アスパラガスは下のかたい部分はピーラーで剥ぎ、5~6cmくらいの長さに切る。   (2) ジャガイモはアスパラガスと同じくらいの太さ長さに24本切る。   (3) 豚肉を広げ、塩、コショウを振り、1枚にアスパラとジャガイモを2本ずつのせ、巻いていく。   (4) 小麦粉、溶き卵、パン粉をつけ、170度で3~4分揚げる。   (5) 半分に切ってソースをかける。

20190529asp04.jpgアスパラガスは1日に2回収穫できることでも分かるように、生命力が強い野菜。「旬の活力を存分に召し上がってください」と山岸さんは勧めていました。

この記事を書いた人

昭和人Ⅱ

関連記事

生のホワイトアスパラガスにもし会えたなら
野菜

生のホワイトアスパラガスにもし会えたなら

旬の活力を食卓に「アスパラガス」
野菜

旬の活力を食卓に「アスパラガス」

春アスパラの食べ方 お好みはどれ?
野菜

春アスパラの食べ方 お好みはどれ?

太くて瑞々しい!グリーンアスパラガスは今が旬
野菜

太くて瑞々しい!グリーンアスパラガスは今が旬

新着記事