畜産物・酪農

とことんこだわる信州の豚肉

pork-mailmaga.jpg信州のおいし?ぃ空気と、澄みきったおいし?ぃ水! 自然が元気だから、そこで育つものも元気で、新鮮、そしておいし?ぃ!! 今回は、そんなおいし?ぃ信州産豚肉の中でも、特別なこだわりで生産された豚肉「信州SPF豚」と、豚肉の加工品「信州ポークシリーズ」を紹介しましょう。


「信州SPF豚」って、どんな豚肉?

spf-meat-mailmaga-s.jpgSPFっていうのは「Specific Pathogen Free(特定の病原菌がない)」の略で、豚の発育を阻害する特定の病原菌を持たない豚のことなんです。日本SPF豚協会による、施設の衛生レベル等の厳しい認定検査を毎年受けて合格した特定農場だけが、信州SPF豚として出荷できるんです。県下の厳選された農場で限定生産されているので、生産者の顔が見える信頼できる豚肉といえるんですよ。

なぜ安心で安全なの?

毎年厳しい認定検査を合格するために、農場の皆さんは日頃から外部から病気が持ち込まないように徹底した管理を行っています。部外者の施設への立入りは禁止され、農場の中に入るときは人も物も消毒が義務付けられいるんです。飼育を担当する人は、体などへの菌の付着を避けるため他農場や食肉処理施設への出入は禁止され、エサも加熱殺菌処理された専用のエサが使われて、農場出入の車も専用車両を使うなど厳重な管理がされてるんです。

そうした厳重な管理のお陰で、ワクチンや薬剤の使用は最小限に抑えられますし、使う場合にも、指定獣医師の指示の元に、利用状況を記帳しながら慎重に行われるから、消費者の皆さんに安心して召し上がっていただけるんですね。


肉質はどんな感じ?

肉質は、獣臭がなくて、適度に脂が入ってジューシーで柔らかです。そして肉のキメが細かくて、加熱しても柔らかく、冷めても固くならず、あっさりしてておいしぃ?肉なんです。安全な上に、このような肉質なんで、豚シャブなんかには最適なお肉と言えましょうか。

「信州SPF豚」をはじめとする「信州の豚肉」のおいしい情報への入り口はJAグループ長野県農協直販・長野県産豚肉使用・信州ポークシリーズのトップページから。


「信州の豚肉」のこだわり加工品

「信州SPF豚」だけでなく、専用の「遺伝子組替えの大豆油かすを使っていないことが証明されたエサ」を使った「信州エコポーク」など、「信州の豚肉」はとことんこだわりぬいた豚肉です。この「信州の豚肉」を使ってつくられたハム・ソーセージ「信州ポークシリーズ」にはふたつのシリーズがあります。

「信州ポークハムシリーズ」は、豚肉の各部位の特長を生かした製造方法にこだわり、添加物の使用を最小限に抑え、豚肉の旨みを引き出した商品です。また「信州ポーク無塩せきシリーズ」は、5大アレルゲン原料の乳・卵・小麦・落花生・そば、発色剤、リン酸塩、保存料、着色料を使用していない商品で、「無塩せき」とは、原料肉に発色剤を用いず塩漬けにした工程のことです。

生肉も加工品もこだわった「信州の豚肉」を是非ご賞味あれ?!!

関連記事

信州福味鶏を食べて福を呼び込もう!
畜産物・酪農

信州福味鶏を食べて福を呼び込もう!

長野県民は1年間に25万頭の豚肉を食べる
畜産物・酪農

長野県民は1年間に25万頭の豚肉を食べる

サングラスをかけた豚を見かけたらよろしく
畜産物・酪農

サングラスをかけた豚を見かけたらよろしく

「信州の産地がみえる牛乳」です!!
畜産物・酪農

「信州の産地がみえる牛乳」です!!

新着記事