果物

雪国で育ったブルーベリーは一味違う

s-blueberry-%285%29.jpg

目によいとされる有効成分アントシアニンが多く含まれ、健康食品としても大人気のブルーベリー。その日本一の産地が実は長野県だってご存知でした?長野県では全国生産量の約20%のブルーベリーを生産しているんです。
長野県では、今の季節にブルーベリーがフルーツコーナーに並んでいるのは当たり前の光景。生で食べるのも当たり前なんですが、どうも「生のブルーベリー食べたことなーい。┐( ̄△ ̄)┌ 」という人も少なくないようです。
今回は、そんな方々に生で食べるブルーベリーの魅力をお伝えしたく、カンカン照りの飯山市へやってまいりました!!


s-blueberry-%281%29.jpg

一粒一粒ていねいに収穫されています
上の写真がブルーベリーの畑です。ブルーベリーを栽培して約10年という、小嶋農園の小嶋秀典(こじま・ひでのり)さんに案内して頂きました。小嶋さん、おいしいブルーベリーの見分け方を教えてください!m(_ _)m


s-blueberry-%287%29.jpg

ss-blueberry-%2810%29.jpg「ブルーベリーって名前だけど、青よりももっと濃い、黒に近いような色になると完熟した証拠。ちゃんと枝との付け根の部分まで色を確認してね」
確かに、いい色かな、と思っても、よく見るとまだ赤みが残っているものもあり、こういうのはまだ少し早いヤツです。収穫に最適な、おいしいブルーベリーかどうかは色で見分けるんですね。ではどうやって収穫するんですか?
「ブルーベリーは、皮が薄くて柔らかいから、一粒ずつ収穫するんだ。十分色が濃くなった実を見つけたら、人差し指と親指で優しくつまんでみて。親指で優しく転がすように引っ張れば、完熟してる実は簡単にポロッて取れるよ」
チャレンジしてみると、なるほど、思ったよりも簡単に取れました!ですがそこは柔らかいブルーベリー。潰してしまわないように優しく引っ張るのがポイントです。


s-blueberry-%288%29.jpg

ブルーベリーをおいしく、そしてカッコよく食べるには
収穫したてのブルーベリーを頂きます!ブルーベリーのおいしい食べ方は、以前もご紹介した通り、"沢山の実をいっぺんに口に入れて食べる!"という素晴らしく単純だけれどもなんとも贅沢な方法。手のひらに山盛りのブルーベリーを乗せて、うまく口に入るかな・・・と少し不安になりながらも、ワクワクした気持ちで一気に口の中へ!!


s-blueberry-%2811%29.jpg

柔らかな皮のプチプチとした食感の後に、ブルーベリーの味、香りが口いっぱいに広がります。全神経でブルーベリーを味わうひととき。一粒ずつ食べていた時とは大違いのブルーベリー具合にいやはや感激です!!(●⌒∇⌒●)

※編集部注
この時、手に口を持っていく食べ方だと、なんだかみすぼらしくなってしまいます。少し上を向く感じで、すばやく口にブルーベリーを投入するのが"カッコいい"ブルーベリーの食べ方。暑い夏ですし、見てくれもさわやかに食べたいですね!( ̄ー+ ̄)


20120807blueberry.jpg


冬の苦労も、この日のため
感激が落ち着いたところで、こんなにおいしいブルーベリーを作るには、どんな想いや苦労があるのだろう?と思い、小嶋さんに一番苦労している点を伺いました。
「飯山は雪深い地域。この農園も冬は雪に埋もれて農地だか道だかわからなくなるくらいなんだ。もちろん雪はブルーベリーの木よりも高く積るんだけど、何の対策も打たないで放置しておけば、雪の重みで枝が折れてしまう。それを避けるために、雪が降る前に絶対やらなければいけないのが"冬囲い"といって、木の傍らに立てた支柱に枝を縄でぐるぐる巻きに括りつける作業だよ。これが結構大変でね・・・」
おいしいブルーベリーを実らせる大切な枝を守るために、雪国ならではの一手間(実際はそんなもんじゃない大作業だそうですが)が欠かせないんですね。


s-blueberry-%2813%29.jpg

そんな、豪雪にも悩まされる飯山地区ですが、この辺りは火山灰土壌が多く、それが甘さと程よい酸味を持つ、おいしいブルーベリーを作るのに最適なんだとか。
豪雪地帯だから涼しいんでしょ、と思われがちですが、実は飯山市は長野県内でも標高が低く盆地のため、夏はかなり気温が上がります。この日も猛暑日の中での収穫作業で、じりじりと照りつける日差しに汗だくになりながら取材に応じて頂きました。
「ブルーベリーの収穫時期は、今日みたいに暑い日も多くて大変。でもみんなにおいしいブルーベリーを食べてもらいたいと一生懸命作ってるんだよ。だから思いっきりほおばって、おいしい顔で食べてもらいたいな」


s-blueberry-%2812%29.jpg


s-blueberry-%282%29.jpg

小嶋さんをはじめ、JA北信州みゆきの生産者の皆さんが作ったブルーベリーは、8月下旬まで下記の直売所で購入できます。直売所で買えるブルーベリーは、木で完熟させてから収穫したものが多く、もぎたてのおいしさが味わえます!!
ただ、完熟したブルーベリーは常温で1日持たないため、すぐに食べてしまうか、保存する場合は冷凍させるなどの工夫が必要です。

ブルーベリーの季節もあと少し。手に入れた際には、是非生のまま沢山の実をいっぺんに食べてみてくださいね!!(⌒∇⌒)/



◇農産物直売所「千曲川」
〒389-2414 飯山市大字常盤7425
TEL 0269-62-1815


◇農産物直売所「ふるさと豊田」
〒389-2104 長野県中野市大字永江2136
TEL 090-2257-1204


本当のもぎたてを味わえるブルーベリー狩りもまだできるところがありますので、チェックしてみてください!!
さわやか信州旅.net「ブルーベリー狩り」

関連記事

ぶどう好きは中野市ぶどう祭りに結集せよ!
果物

ぶどう好きは中野市ぶどう祭りに結集せよ!

21世紀の健康フルーツ「ブルーベリー」
果物

21世紀の健康フルーツ「ブルーベリー」

かくも贅沢で幸せなブルーベリーの食し方!
果物

かくも贅沢で幸せなブルーベリーの食し方!

見つけたら、その時が買い!ネクタリン
果物

見つけたら、その時が買い!ネクタリン

新着記事