特別な時間が流れる大人のカフェ&ギャラリー:飯田市

信州のcafe

築150年以上の歴史ある建築で、こだわりのコーヒーと本場イギリスのスコーンを味わえるカフェが、飯田市下久堅(しもひさかた)にあります。そのカフェの名前は「九如亭(きゅうじょてい)」。庄屋だった家屋をほぼ当時のままに、一部をカフェとして営業しています。

築150年、歴史ある建物をいまに生かす

信州のcafe

段差が多い構造のため、小さなお子さんが走り回って怪我をしないように、との思いから「中学生以上」のお客様を対象とした、大人のためのカフェです。
窓からの光と間接照明が醸す落ち着いた雰囲気と、ここちの良い、包まれるような音楽が流れる空間です。

信州のcafe

珈琲を待っている間に店内の散策はいかがでしょうか? 古き良き縁側や茶室を自由に見学することができます。また、店主の宮井さんは画家としても活躍しており、花や蝶、鳥などをモチーフにした絵の展示室もあります。気に入った小物やポストカードは購入も可能です。

信州のcafe

 

信州のcafe

信州のcafe

やさしい味わいのスコーンをセットで

信州のcafe

おすすめはイギリス人直伝のレシピで作ったスコーンとドリンクが付いた「九如亭セット」。その他にはデザートセットやぜんざいセットがあり、ドリンクには丁寧にドリップした珈琲や中国茶、紅茶。下久堅のりんごジュースなど、冷たい飲み物も揃えています。

信州のcafe

カフェの名前である「九如亭」は、明治の書道家・日下部鳴鶴が訪れたときに書き残した書から取っています。九如亭とは、「この家には九つの美しいものがある」という意味で、鳴鶴がたいそう感動したことが伺えます。
まさに「九如亭」の名の通り、ゆったりと過ごしたいときに訪れたくなるカフェです。

九如亭

  • 長野県飯田市下久堅小林715
  • TEL 0265-29-7766
  • 営業時間 10:00~17:00
  • 定休日 水・木曜

■公共交通機関でのアクセス
JR飯田線「駄科」駅からタクシーで約10分

この記事を書いた人

ジャスミン

関連記事

長野市にも

長野市にも"ふくろうカフェ"がオープン

珈琲豆と手仕事。いいものがいい塩梅に並ぶ場所:小布施町
グルメ・カフェ

珈琲豆と手仕事。いいものがいい塩梅に並ぶ場所:小布施町

ジャズが似合う大人の蔵カフェ(飯島町)
グルメ・カフェ

ジャズが似合う大人の蔵カフェ(飯島町)

「ただいま」実家みたいにほっこりできるカフェ:松本市
グルメ・カフェ

「ただいま」実家みたいにほっこりできるカフェ:松本市

新着記事