天空のカフェでゆっくりと時間を過ごす贅沢:長野市

Shinshu's Best Travel Offer
A Cozy Cafe in the Mountain Country



cafe_top

信州のおいしい素材を使ったメニューと、居心地の良い空間を提供してくれるマウンテン・カントリー信州ならではのカフェを、シリーズで紹介しています。どこからであれ長野県を訪れた際は、足を運んでみてください。そこにはきっと、おいしい出会いがあります――

 

nobana_poster

 

テラス席がおすすめ
オープンカフェレストランの野花(のばな)は、飯綱高原スキー場の近くにあります。斜面の谷側に向かってL字型に設けられたテラス席に座ると、まるでツリーハウスに居るような感じがしてきます。小鳥のさえずりや、高原の風を楽しみながら、ゆったりと時間を過ごしてください。

nobana03

 

nobana13 nobana04

 

「リッチな気分になるでしょう?」
ご主人が料理を運びながら気さくに声をかけてくれます。テラス席は3階ほどの高さがあり、白樺の梢がすぐ目の前に。案内の看板に「天空のカフェ」とあったのも頷けます。またこのカフェは手打ちの信州蕎麦が食べられるのも特色です。

フロアの担当はご主人が、料理は奥様が担当します。野花は、できるだけ地元の食材を利用したいと考えていて、これからの季節、使用する野菜はほとんど飯綱産だそうです。長野市の地産地消協力店にもなっています。

この季節、山菜の天ぷらは圧巻
今の時期のおすすめは山菜天ざる。数え切れないくらいの山菜の天麩羅が盛られて来ます。訪ねた日は、フキノトウ、根曲竹、山ウド、ノビル、タラの芽、コシアブラ、ゴマナ、コゴミ、ヨモギ、モミジガサ、ミズナ、ワサビ、ワラビ、アケビノツル、山ブドウがお品書きにありました。蕎麦には小麦粉のユメセイキをつなぎに使い、喉越しを良く仕上げています。

nobana05

 

nobana10 nobana06
nobana07 nobana01

 

また、具だくさんの油揚げに大根おろしを添えたキツネコロッケなど、珍しいメニューもあります。ほかにも、ごはん類やカレー、パスタなど食事メニューは豊富です。手作りのスイーツもあり、あんずのシフォンケーキはしっとりフワフワ、添えられたアイスクリームは、濃厚な味ながらサッパリと食べられるシャーベット風です。

コーヒーはおかわりが自由
野花の珈琲は、湧き水で淹れています。ブレンド珈琲を飲み終えると、ご主人が「おかわりいかがですか?」とカップを満たしてくれます。野花では、ブレンド珈琲とごはんは、おかわり自由。それは「自然の中でゆっくりと過ごしてもらいたい」からだそうで、たいていの方は3〜4杯は飲んでいかれるそうです。中には、1日のんびりしていく方もいるのだとか。

nobana11 nobana08
nobana09 nobana12

 

ホームページがない理由
野花にはホームページはありません。「夫婦がリタイヤしてから始めたお店なので、のんびりやりたい。口コミで少しずつ知ってもらえれば十分です。あまり忙しくなると、わたしたちの体がリタイヤとしてしまうので」と奥さまは笑います。極上のテラス席と、気さくなオーナー夫妻のもてなしで、リゾート気分を満喫できます。

野花へのアクセス:

オープンカフェレストラン野花
長野県長野市大字上ヶ屋字麗原2471−2341
電話 026−239−2488
営業時間 11:00〜16:00
定休日 木曜
(5月〜10月頃までの土・日・祝日は21:00頃まで営業)

この記事を書いた人

プリン作りの名人

1243954800000

関連記事

軽井沢らしいゆったりとした時間を過ごしに:軽井沢町
グルメ・カフェ

軽井沢らしいゆったりとした時間を過ごしに:軽井沢町

ゆったりとした時を味わう林のなかのカフェ:軽井沢町
グルメ・カフェ

ゆったりとした時を味わう林のなかのカフェ:軽井沢町

心が優しくなれる林のなかのカフエ:白馬村
グルメ・カフェ

心が優しくなれる林のなかのカフエ:白馬村

駒ヶ根の田園のなかにあるこだわりのカフェ:駒ヶ根市
グルメ・カフェ

駒ヶ根の田園のなかにあるこだわりのカフェ:駒ヶ根市

新着記事