果物

皮ごといける赤いブドウ、その名は「クイーンルージュⓇ」

食欲の秋がやってきました。

今回は、シャインマスカットのように皮ごと食べられる種なしの赤系ブドウで、 “赤いシャインマスカット”と称されるブドウ「クイーンルージュ」の紹介です。

noutiku05-20220914

長野県に期待の新星ぶどうが現れました

「クイーンルージュⓇ」は、黄緑色の「シャインマスカット」と紫赤色の「ユニコーン」を交配してできた長野県オリジナル品種です。マスカットのような爽やかな香りがあり、甘味が強く、皮が薄くてパリパリとした食感が楽しめます。

2021年に市場出荷が始まったばかりで、まだ生産量が少ない希少なブドウです。

JA全農長野は「りんご3兄弟」に続き、種なしで皮ごと食べられるブドウ3品種「ナガノパープル」(黒系)、「シャインマスカット」(緑系)と「クイーンルージュ」(赤系)を合わせて「ぶどう三姉妹Ⓡ」と銘打ち、売り込みを始めています。


noutiku06-20220914「ぶどう三姉妹Ⓡ」左からナガノパープル、クイーンルージュⓇ、シャインマスカット

noutiku08-20220914

ぶどう三姉妹のロゴ

noutiku07-20220914今年(2022年)ぶどう三姉妹のキャラクターが誕生しました
写真提供:JA全農長野

赤色にするために必要なこと

JA中野市ぶどう部会役員である岩下裕樹(いわした・ゆうき)さんの、中野市にある農園を訪ねました。

noutiku03-20220914-1

岩下さんは家族3人と1.3haの農園でシャインマスカットなどのブドウをおもに栽培しています。そして全体の5%程度の農地でクイーンルージュを栽培しています。

「新しい品種なので、栽培してみて、どんなものか様子を見ています。去年の栽培はなかなかうまくいかず苦戦しましたが、今年の出来は今のところいいですね」(岩下さん、以下同)

クイーンルージュ栽培でほかのブドウと比べて気を付けるべきことは、果実にしっかりと日光を当てること。

「日光に当たると赤色になるので、ブドウ全体に満遍なく日を当てるように工夫しています」

日光が園内に入るように枝を管理したり、反射資材を敷いたり、ブドウに透明な袋をかけるようにしています。


noutiku02-20220914日光をたっぷり浴びると緑色から赤色に着色します

「シャインマスカットの出荷が始まったばかりの頃は、ブドウといえば巨峰で、今のように人気になるとは正直、思っていませんでした。生産されるブドウを決めるのは消費者だなと感じますね」

クイーンルージュもこれから多くの人に親しまれるようになってほしいですね。

noutiku04-20220914

JA中野市産のブドウが買える直売所

信州中野いきいき館

マップを見る

 

オランチェ

マップを見る

 

クイーンルージュの出荷ピークは9月下旬から10月末の予定です。
※クイーンルージュは全国に出荷されています。お近くの量販店でも探してみてください。

noutiku01-20220914
この記事を書いた人

ゆっけ

関連記事

4月下旬でとびきり甘い!日本一早いシャインマスカット
果物

4月下旬でとびきり甘い!日本一早いシャインマスカット

クリスマスを彩る高級シャインマスカットのヒミツ
果物

クリスマスを彩る高級シャインマスカットのヒミツ

信州産シャインマスカットでチューハイを限定出荷!

信州産シャインマスカットでチューハイを限定出荷!

ブドウの色の違いは何ですか?
果物

ブドウの色の違いは何ですか?

新着記事