2017信鮮!信旬!レポート14:甘〜いカボチャをどうぞ♪

信鮮!信旬!キャンペーン

JA長野県グループが取り組んでいる「信鮮!信旬!キャンペーン」が開催中です。
長野県内16JAにある直売所・Aコープを中心に、長野県農業のすばらしさ・豊かさ・おいしさを地域の方に再認識してもらうイベントです。
信鮮信旬キャンペーンでは、「いただきます」をキャッチコピーに、地元産の農産物の試食を通して、「食と農の"楽しい"」を伝えていきます。
地元食材のふるまいも大好評です!

海なし県では貴重な「さざなみが聞こえる直売所」

さて、今回やってまいりましたのは、JA信州諏訪にあります「さざなみ新鮮市」です。
信州の"海"とも言える諏訪湖。その湖畔に位置している直売所には、さざなみが聞こえてきます。収穫の秋本番のこの時期、"信鮮"で"信旬"なイベントが開催されました。

信鮮!信旬!キャンペーン

店内には、きのこ、松茸、早生りんご、白菜などの葉物野菜、加工品や、食用ホオズキ、サルナシ、シカク豆といった珍しい農産物も並びます。種類豊富で旬な農産物がメジロ押しです!

生産者に教えてもらいました!
カボチャのおいしい食べ方

信鮮!信旬!キャンペーン

中でも、注目したいのが"カボチャ"!!
緑色のもの、オレンジ色のもの、ひょうたん状のものなど、さまざまな種類があります。

信鮮!信旬!キャンペーン

カボチャ生産者の宮下さんによると、カボチャは収穫してからしばらく置くことで、水分が抜け、ホクホクになるのだそう。
種類によってオススメの食べ方を教えていただきました!

信鮮!信旬!キャンペーン

◆ コリンキー

コリンキーは、生でも食べられるカボチャです。サラダにしたり、薄く切って、塩コショウで炒めるのがオススメ。
生食に向いているだけあって、煮物には向いていません。

信鮮!信旬!キャンペーン

◆ バターナッツカボチャ

カボチャといえば、皮が濃緑で実がオレンジ色というイメージが強いですが、バターナッツカボチャの皮は、薄いオレンジ色をしています。しかも、見た目がひょうたんのようです。
切ってみると、ひょうたんの細い部分には種はなく、下部の丸いところに種が集中しています。
こちらのカボチャはスープやお菓子などの加工に向いています。

信鮮!信旬!キャンペーン

今回のイベントではバターナッツカボチャを使用した、パンプキンスープが振る舞われました!
カボチャスープにはタマネギの隠し味入り! タマネギを入れることによって、コクが出るうえ、カボチャの甘味を引き立てます。
来場者の方々からは、「おいしい~」「甘い!」との感想が聞こえてきました。

信鮮!信旬!キャンペーン

信鮮!信旬!キャンペーン

さざなみ新鮮市には、カボチャのみならず、旬な農産物がたくさん並んでおりますので、みなさませひお立ち寄りください!!

JA信州諏訪

関連記事

2017信鮮!信旬!レポート15:きのこの里で秋の味覚市

2017信鮮!信旬!レポート15:きのこの里で秋の味覚市

おいしい食べ方インタビュー:長野県農業応援大使・末吉くん

おいしい食べ方インタビュー:長野県農業応援大使・末吉くん

2017信鮮!信旬!レポート12:旬のぶどうが続々登場

2017信鮮!信旬!レポート12:旬のぶどうが続々登場

2017信鮮!信旬!レポート19:木曽の名物「御岳はくさい」
伝統行事・イベント

2017信鮮!信旬!レポート19:木曽の名物「御岳はくさい」

新着記事