麺好きの食指が動く「さくほーめん」って?

つぶやき

先日、JA佐久浅間の直売所の一つである「道の駅 ヘルシーテラス佐久南」に立ち寄った際に、一風変わったものを発見!

その名も「さくほーめん」。

なんだこれは!? と思い、詳しく見てみると地元産米粉90%と馬鈴薯のでんぷんで作られた米粉麺と書いてありました。麺好きの編集部員は興味津々! しかも地元産の米粉と聞いては食べないわけにはいきません。

つぶやき

 

店頭には平打ち麺、発芽玄米麺、汁なし坦々麺(タレ付き)の3種類が販売されており、バリエーションも豊富。どれを買おうか迷いましたが、平打ち麺と坦々麺タイプを購入。早速家で作ってみました。

作り方は簡単! 3~5分茹で(お好みの固さで)、お好みの具材を盛り付けてタレをかけるだけ。
はい、完成!

つぶやき

 

米粉麺は弾力があり、小麦の麺よりも食べ応えがあります。米粉なので腹持ちも良く、飲み込むまでにたくさん噛まないといけないので、健康にも良いしダイエット効果もありそうだな~と感じました。だたし、勢いあまってつるつるっと口いっぱいに入れてしまうと、噛むのが大変になってしまうので、少量ずつ食べるのがオススメです(実証済み)。

さて、気になるのが名前の由来。「ほーめん」って何だ? 音は「そうめん」に似ているけれども、そうめんじゃない。信州佐久穂町の麺だから「佐久穂ーめん」? ベトナムの米粉麺「フォー」と掛けているのか? 今後、名前の由来や商品誕生の秘話なども取材してみたいです。

みなさんもぜひ、ご賞味ください。(ジャスミン)

道の駅 ヘルシーテラス佐久南

「さくほーめん」
平打ち麺タイプ 450円(税込)
発芽玄米麺タイプ 500円(税込)
坦々麺タイプ(タレ付) 550円(税込)

この記事を書いた人

ジャスミン

関連記事

さっぱりおいしい佐久鯉 地域に根差したあっぱれの食文化
グルメ・カフェ

さっぱりおいしい佐久鯉 地域に根差したあっぱれの食文化

こんな食堂あったらいいな。手打ち麺尽くしの麺大会

こんな食堂あったらいいな。手打ち麺尽くしの麺大会

2017信鮮!信旬!レポート2:信州米豚おいしいよ!

2017信鮮!信旬!レポート2:信州米豚おいしいよ!

今週は「米粉うどん・ぱすた・らーめん」セットをプレゼント

今週は「米粉うどん・ぱすた・らーめん」セットをプレゼント

新着記事