編集後記:記事では伝えきれなかった米作り体験への思い

20141008koki01


 

初めての米作り体験
改めて感じた食のありがたさ

窪田家の脱穀作業にお邪魔してきましたあぐりです。
前々回の「田植え作業」の時にも、窪田家に行かせていただき、今回は2回目の取材でした。
実家が農家ではないあぐりにとって、田植えや脱穀作業など、すべてが初めての作業。
始めは戸惑うことばかりでしたが、慣れてくると楽しいものですね。
また、実際に体験し、苦労することで食のありがたさというものを改めて感じました。

農作業は、見えにくい苦労がたくさんあることにも気づきました。上の写真はトラックに脱穀機を乗せている様子です。この他にも、米袋をトラックに積んだり降ろしたり、作業が終わった服を洗ったりなどの力仕事がたくさん。見えない手間がかかっているんだなと感じました。

この記事を書いた人

あぐり君

関連記事

信州の春を花で喜び合う祝祭の8日間
伝統行事・イベント

信州の春を花で喜び合う祝祭の8日間

バケツ稲 観察日誌(1)芽出し・種植え
食育・健康

バケツ稲 観察日誌(1)芽出し・種植え

新信州暦 朝夕の信州は秋の気配も深まって

新信州暦 朝夕の信州は秋の気配も深まって

新信州暦 いちごが甘くなり終わる最後の月

新信州暦 いちごが甘くなり終わる最後の月

新着記事