小さな隠れ家みつけた!浅間山麓のおうちカフェ:御代田町

信州のcafe

そのカフェは、浅間山を正面に眺める田園の中に佇む隠れ家のようなカフェです。お店の名前は「すずめカフェ」。付近の地名、雀ケ谷(すずめがや)から名付けました。

日本の暮らしになじむ、かわいらしい鳥のように

信州のcafe

すずめカフェは、埼玉県から信州に移住されたご夫婦が、自宅を改修して今年(2014年)の4月にオープンしたお店です。「すずめカフェ」という名前は、地名に由来するほか、ご主人が以前に勤務していた会社のマークが、鳥をあしらったデザインだったため、縁を感じて名付けたそうです。何より覚えやすくで、とても良い名前です。お店の看板や入り口のガラス戸、店内のそこかしこにすずめカフェのマークがあります。

信州のcafe
信州のcafe

カフェには、靴をぬいで入ります。お店のフロアになっているリビングの窓からは、まるで絵ハガキのように浅間山が見えます。ご主人は「景色もご馳走のひとつかな」と笑います。木目を活かした白木のフローリングと白い壁が、カフェの明るさと清潔感を演出しています。椅子はソファタイプで、ゆったりくつろげるように配慮がされています。お店の奥には個室があり、完全にプライベート空間で話したい女子会や小さいお子様連れのママ会に便利です(個室は予約をしてご利用ください)。

信州のcafe

「行ってみたいと思っていただけるカフェを作りたいと考えました」とオーナーご夫婦は話します。幹線から奥まった場所にあり、隠れ家のようになっているため、お客様も地元の方が多いそうです。確かに、カフェの看板を頼りに角を曲がって狭い道を進むうち、舗装が途切れて不安になったとたん、カフェが現れるのです。「『隠れ家すぎ』とお客様に言われます」とご主人。取材に伺った時は満席で、地元のみなさんに支持されている様子が伝わってきました。

信州のcafe
信州のcafe

珈琲とレモンシフォンケーキはいかが?

信州のcafe

ランチは、ドライカレー(サラダ、スープ、ヨーグルト付き)と、たっぷり野菜のタジン鍋(スープ、パン付き)の2種類。ハンドドリップで淹れる珈琲の豆は、松本市の「豆とコーヒー Laura」さんのものを使っています。ストレート珈琲を頼むと、すずめカフェのマークが入ったチロルチョコがついてきます。スイーツは、レモンシフォンがおすすめ。珈琲との相性が抜群です。

信州のcafe
信州のcafe

お客様とのつながりで心もお腹も温まる場所に

なんと、ベビーマッサージの教室も開かれています。「お客様から近くで講座がないという話を聞き、別のお客様が資格を持っていらっしゃったので、カフェで教室を開くことになりました」と話すご夫婦。これからも地元のお客様とのつながりで、すずめカフェはさらに進化していくことでしょう。
※ベビーマッサージは予約が必要です。

信州のcafe
信州のcafe

すずめカフェ

  • 長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口1488-1
  • TEL 0267-32-1488
  • 営業時間 11:00〜18:00(ランチ 11:30〜)
  • 定休日 月曜日、第1・第3日曜日
この記事を書いた人

プリン作りの名人

関連記事

居心地いいぞ。みんなのベース・キャンプ&カフェ:中川村
グルメ・カフェ

居心地いいぞ。みんなのベース・キャンプ&カフェ:中川村

サイクリストがオープンしたお宿カフェ:安曇野市
グルメ・カフェ

サイクリストがオープンしたお宿カフェ:安曇野市

お茶べりカフェで自家焙煎珈琲とパンケーキを:松本市
グルメ・カフェ

お茶べりカフェで自家焙煎珈琲とパンケーキを:松本市

紅茶とスイーツが楽しめる眺めのいいカフェ:御代田町
グルメ・カフェ

紅茶とスイーツが楽しめる眺めのいいカフェ:御代田町

新着記事