めぐみさんの農事録
[めぐみさんの農事録]

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第44回

めぐみさん農事録


 

本年も宜しくお願いいたします!

2016年が始まりました!
今年も皆様、宜しくお願い申し上げます。

昨年12月下旬に長芋の冬掘りを無事終了し、
年末には育苗用のハウスのビニールを被せ、
1年間の仕事収めとなりました。

めぐみさん農事録


 

この冬はどこも暖冬、とはいえ、
年を越せば平年並みに下がるかな、と思っていたところに
うっすら雪の積もった元旦。

これから雪遊びが楽しめる〜?はずなのですが、
4日にはなんとこのあたりで、
1月の観測史上最高気温、15度を超える陽気・・・。

正直、雪が降らず暖かいと、身体がずいぶんと楽ですし、
雪かきや路面凍結などの不安材料も少なく、
快適に生活ができるので助かります。

が、長野県内、冬の冷えや雪があるからこそ、
成り立つ仕事も多く、県内ニュースでは連日のように、
暖冬が及ぼす悪影響について伝えられています。

この時期、スキー・スノボーで長野県内を訪れる方も多いと思いますが、
スキー場の営業はどこも遅れていますし、
山形村から少し南にある茅野のあたりでは、
特産の寒天作りに深刻な影響を与えているとのこと。

寒天は、生天を寒風にさらして凍らせ、日中は天日で解凍、
それを2週間程度繰り返すことで出来上がるんだそうです。

極寒の時期だからこそ、その自然の恵みによって
作られるものがあるんですね。

めぐみさん農事録

 

今年の初詣は今年のNHK大河ドラマ「真田丸」の舞台、
上田市の北向観音まで足を伸ばしてきました。

めぐみさん農事録

 

めぐみさん農事録

 

参拝前に体を清める洗水、
なんと天然温泉が湧きだしていて、温かいんです!

今年も家内安全・無病息災をお祈りして参りました。

そうそう、長野県の南の地方では、
「三日とろろ」といって、1月3日にとろろ汁を食べると、
「1年中風邪をひかない、無病息災で過ごせる、長生きする」
といった言い伝えがあるんだそうです。

めぐみさん農事録

 

このあたりの農家の皆さんは、
1月はゆっくり身体を休めている方がほとんどなので、
仕事のないこの時期に皆で集まって、
豆腐やお味噌などを作っています。

リンゴ農家の方々は小さかったり傷のあるリンゴなどを、
ジュースやジャムに加工したり。

畑での農作業はほとんどないこの時期でも、
各家庭、昨年採れた農産物は大活躍!していますよ♪

めぐみさん農事録

 

こちらもきっと今年も大活躍!
してくれることでしょう!

この記事を書いた人

唐沢めぐみさん

「大好きなリンゴを作りたい!!」と唐沢めぐみさんは2009年夏に千葉県からやってきました。OL時代は土に全く触れることが無かった彼女は、人と人とのつながりに日々感謝しながら、一から農業を勉強中。2012年2月には東筑摩郡山形村の農業青年、康裕(やすひろ)さんと結婚しました。Iターンで農家になった、唐沢めぐみさんの農事録です。

記事一覧へ

関連記事

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第29回
めぐみさんの農事録

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第29回

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第32回
めぐみさんの農事録

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第32回

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第37回
めぐみさんの農事録

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第37回

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第33回
めぐみさんの農事録

ド新米農家Girl めぐみさん農事録 第33回

新着記事