いま食べたい!信州のこだわりカレーpart1 店舗編

信州のカレー

お年取り膳、おせち料理にお雑煮など、ご馳走をいただいたでしょうか。最近は風物詩のようにホテルやデパートの高級おせちが紹介されていますが、お正月は地域の伝統と結びついた郷土料理を食べる貴重な機会でもあります。
ご馳走とはいえ三が日食べ続けていると、他のものも食べたくなってくるのが、食いしん坊ならではのお正月であります。
そこで、七草粥はまだ早いけれど、ちょっと違うものが食べたいな・・・という時にぴったりの「カレー」をご紹介します! 地元の食材を使ったカレー、ご当地名物と合体したカレーなど、どれも長野県のおいしい食べ方編集部員が実際に食べておすすめするカレーです。「Part1 店舗編」「Part2 レトルト編」と2週にわたってお伝えします。

地産地消率70%!
「からあげカレー3枚」黄金マッハカレー(諏訪市)

信州のカレー

地元産にこだわるカレー専門店「黄金マッハカレー」は諏訪インターを降りて車で2分の所にあります。地産地消70%と言われる手作りカレー。地元農家から仕入れたお米に加え、隠し味で使っているりんご、トマト、牛乳、ワインはすべて信州産。水も霧ヶ峰高原からの伏流水を使用しているという地産地消にこだわったカレーです。
20170104curry03.jpgここのカレーの魅力はなんといっても「ボリューム」。信州のデカ盛り屋としても有名で、一番人気は「からあげカレー3枚」。から揚げは1枚100g以上。食べれば満腹間違いなし。化学調味料・合成着色料・保存料が無添加なのも特徴です。(あぐり君)

店舗情報:黄金マッハカレー

身体にうれしい野菜やスパイスがたっぷり!
「カレーが全部食べられるセット」
農家のお菓子とごはん こめはなや(辰野町)

信州のカレー

中山道塩尻から伊那谷へ続く道にある辰野町小野宿。宿場の風情を残すのどかな地で2009年にオープンした農家の台所「こめはなや」さん。柔らかジューシーな信州福味鶏(ふくみどり)のチキンカレーとゴロっと大きめ野菜がいっぱいの野菜カレーが定番。写真はカレーが全部食べられるセット。
20170104curry05.jpg小麦粉を使わず玉ねぎや野菜をじっくり炒め煮た優しいとろみと、さわやかな香りの本格スパイスが特徴です。自家栽培や契約農家の有機無農薬米や雑穀、野菜たちにからだが喜ぶ逸品。ごはんは雑穀米か玄米が選べます。ごはんの上には「パパド」と呼ばれる豆せんべいも。パリパリとしていて、ご飯とカレーと混ぜて食べると新食感で楽しい♪ です。通しのランチ営業も魅力的。(まちゃ)

店舗情報:農家のお菓子とごはん こめはなや

あつあつの揚げ野菜がのったスープカレー
「小布施蔵カレー」地もの屋 響(ゆら)(小布施町)

信州のカレー

信州のカレー

お店の名のとおり、小布施産、長野県産にこだわっています。「小布施蔵カレー」は、信濃地鶏から12時間かけてとった出汁が効いたスープカレー。素揚げされた、かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、ながいも、エリンギ、パプリカなど数種類の野菜がトッピングされています。オーダーを受けてから野菜を揚げているので、あつあつでほくほく。ごはんは、県産コシヒカリの白ご飯と雑穀ご飯どちらかを選べます。カレーの辛さは中程度ですが、辛口にも対応してもらえます。
スープカレーは、さらっとしていて御飯とよくからみ、辛さもいつまでも口の中に残らず、どんどん食べられます。このほか、「ドリア風焼きカレー」「オブセ牛乳で作った熱々グラタン」があります(いずれもランチメニュー)。(マロン)

店舗情報:地もの屋 響

チーズ工房がつくる旨味たっぷりの焼カレー
「焼きチーズカレー」アトリエ・ド・フロマージュ(東御市)

信州のカレー

地元産の生乳でできた自家製チーズを含む3種類のチーズをたっぷり使った絶品の焼きチーズカレー。肉は、チーズを作る過程で分離されたホエーを餌として、近くの養豚場で育てられた「ホエー豚」で、脂身が多くジューシーなのが特徴。脂身はフライパンで丹念に落とされ、コトコトとじっくり煮込まれることで、ほっぺたが落ちるレベルのおいしさとなっています。そしてお米は近隣農家さんが作ったコシヒカリ。「焼カレー」から連想されるザラリとした歯ごたえはなく、何とも言えない マイルドな口当たりがたまりません。
20170104curry09.jpgこのカレーは1992年からメニュー化され、今では本店と軽井沢の2つの店のほか、南青山店にも食材が直送され注文することができます。はるばる遠方からこのカレー目当てに足を運ぶファンも多く、持ち帰り用に冷凍されたパッケージもあります。(つかはら)


店舗情報:アトリエ・ド・フロマージュ本店

甘いと辛いの2種が一度に!
「ツートンチキンカツカレー」印度屋(伊那市)

信州のカレー

中央道伊那インターから車で10分弱の場所にある「印度屋」さん。こちらのツートンチキンカツカレーは、ブレンドカレーとチキンカレーの2種類のルーが楽しめる欲張りなカレーです。チキンにはチーズがトロ~リ。なんとも食欲をそそります(チキンカレーは、なすとひき肉カレーにも変更可能)。
ピリッと辛いブレンドカレーとほのかに甘いチキンカレーのバランスは抜群。それぞれのカレーを食べたり、ミックスして食べたり、チキンとあわせて食べたり、様々な味が楽しめるのが特徴です。温泉玉子をトッピングすればさらにリッチに、まろやかな味になります♪ カレーはインド人から仕入れるスパイスが使われており、辛さ(中辛・辛口・激辛)は調節可能です。
20170104curry11.jpgまた、こちらのお店には、伊那のご当地グルメ「ローメン」をカレー風味にした「カレーローメン」というメニューもあります。ぜひご賞味あれ♪(グァルネリ)

店舗情報:印度屋
長野県伊那市中ノ原8228-340

 TEL 0265-74-6449

サクサク唐揚げ&中辛カレー、最強の組み合わせ
「山賊カレー」白樺亭(塩尻市)

信州のカレー

長野県塩尻市発祥のB級グルメとして認知が上がっている山賊焼き。あつあつ揚げたての山賊焼きがカレーライスにトッピングされた「山賊カレー」を長野自動車道みどり湖PA(パーキングエリア) 上りの「白樺亭」で見つけました。平日の昼食時には、トラック運転手やビジネスマンなどで駐車場はいっぱい。そんな人気店の山賊カレーを紹介します。
野菜カレーライスの上に、キャベツと揚げたてサクサクの一口では食べられない大きさの山賊焼き3つがのっています。山賊焼きはそのままでもおいしいですが、中辛のサラサラカレーにからめた山賊焼きは一層おいしくなります。カレーライスと山賊焼きを一緒に口の中に・・・くれぐれも猫舌の方はご注意を。山賊焼きは揚げたてですので、あわてて食べるとやけどします。
長野自動車道みどり湖PA(上り)に行かれたらチェックしてみてください。(さくら)

店舗情報:長野自動車道みどり湖PA(上り)白樺亭

長野のソウルフードおやきは、カレーもあるんです!
「ピリ辛カレーおやき」おやき工房旬菜花(塩尻市)

信州のカレー

いちから手作りしたこだわりの自家製カレールーを使用し、野菜をたっぷり入れてじっくり煮込んだカレーは専門店のような奥深さ。地粉をつかった香ばしい生地に包まれて、カレーパンとはまるで違う、進化系なのにどこか懐かしい味がします。カレー×おやき好きには見逃せない一品です!
20170104curry14.jpgおやき工房旬菜花には、他にも甘酢山賊おやき、とりごぼうおやき、ワインりんごおやきなどの珍しいおやきが楽しめます。中身の具に合わせて、香ばしく焼き上げたパンのような地粉おやき、薄皮タイプでこしのあるもちもち生地の信濃おやき、蒸した後に焼くことでおまんじゅうのようなふっくらおやき、と3タイプの生地があります。(ピーチちゃん)

店舗情報:おやき工房旬菜花

来週は、取り寄せもできて、手軽に食べられるレトルトカレー特集。こちらも信州食材がたっぷりです。
みなさまのおすすめカレー情報もお待ちしております!

関連記事

いま食べたい!信州のこだわりカレーpart2 レトルト編
グルメ・カフェ

いま食べたい!信州のこだわりカレーpart2 レトルト編

「年末年始に何食べた?」編集部員宅のハレ食が勢ぞろい!
お土産・特産品

「年末年始に何食べた?」編集部員宅のハレ食が勢ぞろい!

日本全国のカレー好きのみなさんへお知らせ
グルメ・カフェ

日本全国のカレー好きのみなさんへお知らせ

たっぷりきのこの図鑑カレー
お土産・特産品

たっぷりきのこの図鑑カレー

新着記事