直売所

農産物直売所「たんぽぽ」は愛されて6年目

tanpopo_top.jpg

お客さんとの距離が近く、地元で愛される、自然に囲まれた農産物直売所があります。長野市の篠ノ井信里地区にある(有)「たんぽぽ」です。長野市の「地産地消協力店」第1号店として平成16年に認定されました。あれから6年、おかあさんの味処おいしい「おやき」の店としてはかなり名の通ってきたお店です。農産物直売所は掘っ立て小屋スタイルだったのですが、そのお店が建物を建て替えてリニューアルオープンしたと聞き、先週月曜日に雨を押して取材にかけつけました。ほんとうはあの「おやき」が食べたくて。

tanpopo_b1.jpg

tanpopo1.jpg tanpopo10.jpg

農家のおかあさんたちが大忙し
「ねえ、お客さん、せっかくだから食べてってよ!」「さあ、さあ、どうぞどうぞ。温まるでしょ?」

建物は街道沿いの和風の瓦屋根と木の平屋建てでした。新鮮野菜と記された電飾看板がめじるしです。駐車場もあります。内部は新しい建物の匂いがします。新装オープン記念のサービスで、豚汁とお赤飯が、お客さんに振る舞われていました。あいにくの雨ですが店内には笑顔があふれています。店内に足を踏み入れると、働くみなさんのやる気と人情と笑顔で、肌寒さなど忘れてしまうようです。

開店直前まで、奥の厨房ではお惣菜の仕込みが進められ、お惣菜の販売方法についての指示が社長である小池峰子(こいけみねこ)さんからとびます。店内では売り子さんが出たり入ったりで、とても急がしそう。

看板商品の「おやき」は前日に仕込み、この日の朝に蒸したてを出します。ほかにも「草もち」やお惣菜の準備が進められていました。こちらのお店を切り盛りするみなさんは、それぞれが「たんぽぽ」の売り子でもあり、農家でもあり、主婦でもあるため、毎日が大忙しです。

素材は地元で穫れたもの
まずは自分の家で育てた販売用の野菜などを持ち込んで準備をし、それからお惣菜などの仕込みをします。開店後は、誰もが看板娘になります。笑顔を絶やさず、お客さんと元気にコミュニケーションを交わします。ひとりの売り子の方がいそがしそうに手を動かしながら話してくれました。

「とにかくみんなが"やってやれないことはない"を合言葉にしているの。"とにかくやらなきゃ"っていう思いひとつよ。このお店が生きがいね」

tanpopo4.jpg

tanpopo8.jpg tanpopo2.jpg

1500個以上のおやきが飛ぶように
月曜日の雨の朝にもかかわらず、すでに開店前から近所の常連さんたちが列をなしています。お目当ては国産の小麦粉を使って作る「おやき」でした。かねてより直売所で一番人気の「おやき」は、その日も7種類ほど用意されています。野沢菜、切り干し、野菜ミックス、ピリ辛なす、丸なす、ピリ辛大根、かぼちゃ、きんぴら、カレー、ジャガバター、青菜ごまあえなど、おやきの具は季節によって変わりますが、種類の多さが人気の秘密です。

土日には長野市内各地から家族連れや幅広い年齢のお客さんが集まって、用意した1500個以上もの「おやき」が見る見る売れて行く様を目にし、常連さんたちは買うのを控えたといいます。みんなの胸には、愛するお店・「たんぽぽ」の看板商品を、多くの人に食べて欲しいという思いがあったようです。

リニューアルオープン当日は休日で、開店前からお店の前が大行列。そんな上を下への混雑ぶりを、お客さんがねぎらいの声をかけてきます。「お陰様で、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」と売り子さんは嬉しそう。直売所がコミュニティーの中心として機能しているのです。

昼食に立ち寄るのも良いですよ
新装開店した店舗は、照明も明るくなり、品揃えも豊富になりました。また、イスとテーブル、コーヒーのサービスを用意した、いわゆる「イートイン」コーナーもあります。採れたて野菜直売コーナーには、ほうれん草、菜の花、水菜、長いも、ゴボウ、セリなどが並び、加工品コーナーには切干大根、リンゴチップ、きなさラスク、お菓子各種、米、豆、卵、牛乳、ジュース、こんにゃく、漬物。お惣菜コーナーにはおやき、草もち、かつ、芋コロッケ、イカ焼き、いなりずし、ほうれん草の胡麻和えがならびます。仲間の女性グループがつくる、「ながのいのち」きなさのラスクや安心安全にこだわったお菓子などを仕入れて並べてあります。リサイクルコーナーにはシーツやタオルなども置かれていました。

tanpopo7.jpg tanpopo6.jpg

tanpopo3.jpg

タンポポの未来に期待
「たんぽぽ」の社長の小池峰子(こいけみねこ)さんは今の心境を「嬉しい気持ちと大変だという気持ちの半分半分ね。一番は地元のものをどうやって伝えていくかというところです。旬の野菜のおいしさだったり、身近にあるもののおいしさだったり、そんなものをしっかりと伝えていきたいと思っています」と話してくれたあと、今後の目標を聞くと「今までより多くのお客さんに来てもらうこと。増資もしたし、みんなのお店だから、しっかり頑張らないといけないという気持ちです」とにこやかに決意を口にしました。

農産物直売所「たんぽぽ」は、訪ねてくるお客さんを、明るい太陽のようにしっかりと受けとめてくれます。長野市周辺にドライブなどでおいでの時には、ぜひお立ち寄りください。おいしそうなものや新鮮なものが並んでいますが、絶品の「おやき」は忘れずに。


アクセス :

農産物直売所 有限会社
おかあさんの味処「たんぽぽ」

〒388−8017
長野市篠ノ井山布施8831−19
TEL&FAX 026−229−2948
営業時間 午前9時〜午後4時


大きな地図で見る

関連記事

冬も彩り豊か♪旬な農産物と加工品が楽しい直売所

冬も彩り豊か♪旬な農産物と加工品が楽しい直売所

かあさん手作りおやつ第2弾は長いもあられ
直売所

かあさん手作りおやつ第2弾は長いもあられ

2017信鮮!信旬!レポート15:きのこの里で秋の味覚市

2017信鮮!信旬!レポート15:きのこの里で秋の味覚市

地域で圧倒的な支持を受ける手作りのお菓子
直売所

地域で圧倒的な支持を受ける手作りのお菓子

新着記事