編集後記:超限定弁当を手にした幸運なご夫婦

山賊焼き、長芋揚げチリソースがけ、松本一本ねぎの信州SPF豚巻きなど、
松本ならではの魅力的なおかずがいっぱい
 

松本の花形駅弁 ねらいはピッタリ!
購入理由は「見た目が可愛かったから」

「長野県のおいしい食べ方」編集スタッフの「あぐり」です。
昼間に外に出ると真夏のように暑い日もありますが、朝や夜は少しずつ涼しくなってきたと感じるこのごろです。
いずれにせよ、これから迎えるのは「食欲の秋」。
旬なものを毎日全力で食べてやる! と気合十分の「あぐり」です。

20140910koki02.jpg

さて、今回取材してきたのは、松本の顔を目指し、松本地域全体で取り組んでいるお弁当プロジェクト・松本弁当「城下町のおごっつぉ」です。
平日は1日5個、休日は1日10個という超限定弁当。
取材を終え、お昼頃に販売店である松本駅内の「あずさ」に行ってみると、すでに「完売」。
ふとレジを見ると、最後の「城下町のおごっつぉ」弁当を購入したご夫婦を目撃しました。
この駅弁を選んだ理由を訪ねてみると、「見た目が可愛かったから」とお話をいただきました。なるほど! 学生の皆さんのアンケート調査が見事成果として出ているのだなと嬉しいかぎりです。

駅弁を購入していただいたご夫婦は、長野に旅行でお越しになって、これから地元の和歌山に戻るところだとか。お弁当を食べながら松本の魅力を知ってもらえたら嬉しいですね。(あぐり)

この記事を書いた人

あぐり君

1410274800000

関連記事

編集後記:緑緑緑!子ども大人も大盛り上がり
伝統行事・イベント

編集後記:緑緑緑!子ども大人も大盛り上がり

おいしい食べ方インタビュー:松本山雅FC・反町監督

おいしい食べ方インタビュー:松本山雅FC・反町監督

めざせJ1!松本山雅FCの頼もしいサポータードリンク
食育・健康

めざせJ1!松本山雅FCの頼もしいサポータードリンク

「ただいま」実家みたいにほっこりできるカフェ:松本市
グルメ・カフェ

「ただいま」実家みたいにほっこりできるカフェ:松本市

新着記事