野菜

低カロリーで栄養豊富 夏のオシャレ野菜「ズッキーニ」

ズッキーニ

低カロリーで色鮮やか。食材に加えればあっという間にオシャレ料理に大変身♪ 女性やシェフの間で高い人気を誇るズッキーニの産地に行ってきました。
食感はナスに近いのですが、見た目はキュウリ......。ズッキーニとは一体なにものなのか? 調べてみると意外にも"○○○○"の一種だったのです。

涼風にそよいで育った信州のズッキーニ

ズッキーニ

やってきたのは、県南部に位置する飯田市長野原。管内のJAみなみ信州では、約5年前からズッキーニを振興品目として位置づけており、その生産量は年々増加。今年の生産量は5月末時点で、すでに去年の倍以上になっているそうです。ズッキーニは、冷涼な気候で育てるのが望ましいと言われており、長野県はまさにぴったり。夏に店頭で販売されている多くのズッキーニは長野県産だと思いますよ。

栄養豊富でヘルシーな人気者

ズッキーニ

諸説は様々ありますが、「ズッキーニ」の名称は、イタリアで"小さいカボチャ"を意味する「ズッキーナ」に由来すると言われています。ん? カボチャ? そうなんです。「ズッキーニ」の正体は意外にも"かぼちゃ"の一種だったんです。

ズッキーニには、ベータカロテンやビタミンC、ビタミンBなど豊富な栄養素が含まれています。
また、低カロリーながら、食べごたえもしっかりあることから、ズッキーニを麺状に細切りにして食べるズッキーニ麺なども近年話題を集めています。

夜露を浴びながらグーンと成長
"おいしい大きさ"はどのくらい?

ズッキーニ

ズッキーニの特徴はとにかく"生育が早い"こと。
なんでもひと晩で2cm~3cm程度大きくなるそうで、苗を植えてから2週間~3週間、花が咲いてから3日~4日程度で収穫段階まで大きくなるという元気いっぱいの夏野菜なんです。
しかしながら、デリケートな一面も......。ズッキーニは、実の表面が柔らかく、皮が薄いので傷がつきやすく、栽培において細心の注意を払う必要があります。また、葉が大きいので強風等の影響でダメージを受けやすい側面もあるんです。

ズッキーニ

おいしいズッキーニを見分けるポイントは"大きさ"にあります。小さすぎるズッキーニはもちろんのこと、大きすぎるズッキーニも味が大味になってしまうそうで、大きさは18cm~20cm・太さは直径4cm程度のズッキーニが一番おいしいと言われています。

「素材の味が一番おいしい。
味付けはほんのすこし塩を入れるだけ」

ズッキーニ

今回、取材協力してくれたのはズッキーニを生産して今年で4年目を迎える下平久雄さん。
下平さんは、勤務していた職場を定年退職後、セカンドライフとして本格的に農業をスタート。「自給自足」を目指し、夫婦でじゃがいも・ブロッコリーといった果樹・野菜約20品種を生産しています。下平さんにズッキーニの普段の食べ方を聞いてみると、ソーセージやハムと一緒に油いためで食べることが多いそうで、「素材の味が一番おいしい。味付けはほんのすこし塩を入れるだけ」だと話します。
下平さんは自分の野菜について「毎日野菜を育てていると、自分の野菜は子どものように思えてくる。おいしいものを作って、消費者の皆さんに喜んでもらいたい」と笑顔で話してくれました。

ズッキーニ

 

■問合せ
JAみなみ信州 およりてファーム
長野県飯田市鼎東鼎281(JAみどりの広場内)
TEL 0265-56-2822

この記事を書いた人

あぐり君

関連記事

山菜通がゆく!北アルプスの麓に伝わるウドの漬物づくり
野菜

山菜通がゆく!北アルプスの麓に伝わるウドの漬物づくり

ズッキーニの新しい世界を発見してください
野菜

ズッキーニの新しい世界を発見してください

ブロッコリーを「魔法の野菜」と呼ぼう
野菜

ブロッコリーを「魔法の野菜」と呼ぼう

地元自慢の高品質キュウリを育てる元気なおじいちゃん!
野菜

地元自慢の高品質キュウリを育てる元気なおじいちゃん!

新着記事